見沼代用水東縁

見沼代用水東縁

埼玉県上尾市・さいたま市・川口市、東京都足立区を流れる江戸時代に開削された農業用水が見沼代用水東縁。徳川家康の関東入封後、関東郡代・伊奈忠治が八丁堤(堤防)を築いて、農業用ため池の見沼を築きますが、徳川吉宗の新田開発で、見沼溜井を干拓し、その東縁と西縁とに見沼代用水を通したもの。

見沼自然公園〜川口自然公園は桜回廊に

見沼代用水東縁

享保7年(1722年)、紀州藩主から第8代将軍となった徳川吉宗の命を受け、見沼代用水路普請奉行・井沢弥惣兵衛(いざわやそべえ=紀州藩時代に、紀の川流域の新田開発に成功)によって掘削され、享保13年(1728年)に完成した関東平野最大の農業用水。
有名な「享保の改革」(きょうほうのかいかく)の一環として行なわれた新田開発です。

「代用水」という名は、農業用ため池の見沼(見沼溜井=井沢弥惣兵衛が新田開発のため、八丁堤を壊して干拓)に代わる用水という意。

現・埼玉県行田市下中条の利根大堰近くで利根川から取水し(見沼元圦公園が整備されています)、行田市、久喜市を南下し、元荒川を柴山伏越(しばやまふせこし=元荒川の川底を見沼代用水が抜け出る構造)で越え、蓮田市と上尾市の境を流れる綾瀬川(瓦葺掛樋跡が掛樋史跡公園として整備)を越えた直後に西縁、東縁に分かれ、見沼たんぼ(かつての見沼)の縁に沿って東西の2本の用水となって流れ、見沼田んぼを潤し、さらに川口市内を流れ、西縁は川口市小谷場で、東縁は足立区で毛長川に合流して舎人堰水門(とねりぜきすいもん)が終点になっています。

見沼田んぼ(旧・見沼溜井)東縁の台地に沿って掘削された見沼代用水東縁(全長16km)と、西側の見沼代用水西縁(全長22km)の2本があり、見沼田んぼの両縁から、田んぼに農業用水を取り込む方式。

見沼田んぼでは、見沼代用水西縁〜芝川〜見沼代用水東縁を結ぶ、見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)が享保16年(1731年)に完成。
見沼代用水と芝川との3mの水位差を克服する閘門式運河(こうもんしきうんが=パナマ運河のような閘門で水位を調節)で、通船堀の完成によって見沼田んぼで生産した米を、芝川の舟運で江戸に運ぶことができるようになったのです。
見沼通船堀公園、見沼通船堀東縁、見沼通船堀西縁が整備されているので、合わせての見学をおすすめ。

見沼代用水東縁沿いには、見沼を干拓し、見沼代用水を開削した井沢弥惣兵衛の銅像が園内に立つ見沼自然公園、さぎ山記念公園、川口自然公園、川口市立グリーンセンターなどがあります。
見沼自然公園〜川口自然公園には桜が植栽され、見沼たんぼの桜回廊の一部になっています。

見沼代用水として農林水産省の疏水百選にも選定。

見沼代用水東縁
見沼代用水東縁
名称 見沼代用水東縁/みぬまだいようすいひがしべり
所在地 埼玉県上尾市・さいたま市・川口市、東京都足立区
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
見沼代用水

見沼代用水

利根川から取水し、享保13年(1728年)に完成した農業用水が見沼代用水。現在も利根大堰で取水し、埼玉県行田市、さいたま市、川口市など14市2町、85kmの農業用水路が流れています。埼玉県・東京都の葛西用水路、愛知県の明治用水とならび、日本

見沼元圦公園

見沼元圦公園

埼玉県行田市、利根大堰(とねおおぜき)のたもとにある見沼元圦公園(みぬまもといりこうえん)。見沼代用水の元圦(取水口)一帯を整備した、南北に細長い1.7haの公園です。園内にはシンボルの風車塔をはじめ、アスレチック遊具や展望塔、花壇などが配

見沼通船堀公園

見沼通船堀公園

さいたま市緑区、見沼代用水西縁と芝川を結ぶ見沼通船堀西縁(みぬまつうせんぼりにしべり)に並行して広がる公園。駐車場はありませんが、JR武蔵野線の東浦和駅からも徒歩5分くらいなので、散策途中の寄り道には絶好の地。とくにここが首都圏とは思えない

見沼通船堀東縁

見沼通船堀東縁

利根川と荒川の間の農村地帯(天領)で産する米を、江戸幕府の御米蔵(浅草御蔵)へと運ぶために開削された江戸時代の閘門式の運河である見沼通船堀のうち、芝川と見沼代用水東縁を結ぶ部分、つまりは運河の東端部が見沼通船堀東縁(みぬまつうせんぼりひがし

見沼通船堀西縁

見沼通船堀西縁

享保16年(1731年)に開通した閘門式運河(こうもんしきうんが)の見沼通船堀(みぬまつうせんぼり)のうち、見沼代用水西縁と芝川を結ぶのが見沼通船堀西縁(みぬまつうせんぼりにしべり)。さいたま市緑区にその遺構が残されていて、通船堀の横は散策

鈴木家住宅

鈴木家住宅

見沼代用水西縁と芝川を結ぶ見沼通船堀西縁(みぬまつうせんぼりにしべり)の南、八丁堤(赤山街道=関東郡代の赤山陣屋と結ぶ街道)沿いにある旧家が鈴木家住宅。見沼干拓事業に参画し、享保16年(1731年)の見沼通船堀の完成と同時に高田家とともに通

見沼代用水西縁

見沼代用水西縁

埼玉県上尾市・さいたま市・川口市を流れる江戸時代に開削された農業用水が見沼代用水西縁。徳川家康の関東入封後、関東郡代・伊奈忠治が八丁堤(堤防)を築いて、農業用ため池の見沼を築きますが、徳川吉宗の新田開発で、見沼を干拓し、その西縁と東縁に見沼

見沼自然公園

見沼自然公園

埼玉県さいたま市緑区、さぎ山記念公園を拡張して、平成6年3月に開設された公園が、見沼自然公園。その名の通り、見沼の自然を満喫できる公園で、広大な芝生広場、修景池、自然観察園と野鳥池などが配されています。さぎ山記念公園との間には見沼代用水東縁

さぎ山記念公園

さぎ山記念公園

埼玉県さいたま市緑区にある、かつて、サギの繁殖地として国の特別天然記念物の指定を受けていた「野田のさぎ山」に築かれた4.5haの都市公園が、さぎ山記念公園。サギのモニュメントが出迎える公園には、修景池、芝生広場、キャンプ場、バーベキューエリ

川口市立グリーンセンター

川口市立グリーンセンター

埼玉県川口市には盆栽の町として有名な安行(あんぎょう)がありますが、グリーンセンターは広さ15haの広大な園内に、滝や噴水、花壇、温室、ツツジ山、菖蒲園などが整備された植物公園。熱帯温室、水生温室、サボテン温室からなる大温室は、トロピカルム

旧坂東家住宅見沼くらしっく館

旧坂東家住宅見沼くらしっく館

埼玉県さいたま市見沼区、見沼自然公園近くにある片柳の加田屋新田を開発した坂東家の邸宅を再生したのが、旧坂東家住宅見沼くらしっく館。木造平屋建て、茅葺き屋根の農家で、幕末の安政4年(1857年)の築。囲炉裏には常に火が入れられ、建物の中にも自

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ