黒船防備砲台跡

黒船防備砲台跡

静岡県伊東市富戸、城ヶ崎海岸(城ヶ崎ピクニカルコース)の途中、ぼら納屋近くにあるのが、黒船防備砲台跡。黒船の来航で、沿岸防備の必要性から徳川幕府が韮山代官・江川太郎左ヱ門に命じて伊豆、相模、下総、上総、安房5ヶ国に築いた台場(沿岸砲台)のひとつ、富戸崎台場の跡です。

沼津藩が構築した富戸崎台場の跡

黒船防備砲台跡

城ヶ崎海岸の東端部、大海原を見渡す溶岩台地に築かれた台場(沿岸砲台)。
幕末の沼津藩主・水野忠武(みずのただたけ=様々な手伝い普請を幕命によって命じられ、沼津藩は藩財政難に)は海防上の要所となる伊東の富戸崎台場(城ヶ崎海岸)、川奈崎台場(川奈ホテルゴルフコース内、東北端エクストラホール奥)、稲取崎台場(稲取海岸)、三穂ヶ崎台場(下田白浜・三穂ヶ崎遊歩道途中)に台場を構築。
そのうちに富戸、川奈には夕顔型大砲(臼砲=モルチール砲)、円柱型大砲(カノン砲)を各4門を設置しています(後に大砲は下田に移設)。

城ヶ崎海岸の黒船防備砲台跡は、このうちの富戸の台場で、天保14年(1843年)、城ヶ崎海岸のこづり(岬)の根に築かれたもの。
500匁砲1門(500匁は弾丸の重さで約2kg)、200匁砲1門、100匁砲2門という内訳。

現在は台座の石垣のみ現存し、夕顔型大砲のレプリカが設置されています。
城ヶ崎ピクニカルコース途中、ぼら納屋から100m、海の吊橋から700mに位置。

黒船防備砲台跡
名称 黒船防備砲台跡/くろふねぼうびほうだいあと
所在地 静岡県伊東市富戸
電車・バスで 伊豆急行線伊豆高原駅から東海バス海洋公園行きで9分、終点下車、徒歩35分(城ヶ崎ピクニカルコース経由)
ドライブで 西湘バイパス石橋ICから約53km
駐車場 ぼら納屋 城ヶ崎海岸駐車場(100台/有料)、伊東市門脇駐車場(126台/15分まで無料、以降有料)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
門脇つり橋(城ヶ崎海岸)

門脇つり橋(城ヶ崎海岸)

静岡県伊東市富戸、城ヶ崎海岸の門脇埼灯台(かどわきさきとうだい)の北側の入江に架かる吊り橋が、門脇つり橋。城ヶ崎ピクニカルコースの一部ですが、城ヶ崎海岸のハイライトでもあるため、灯台と吊り橋だけを見学する人も多数。時間が許せば、海岸沿いのハ

『城ヶ崎ブルース』歌碑

『城ヶ崎ブルース』歌碑

静岡県伊東市富戸、城ヶ崎海岸を探勝する城ヶ崎ピクニカルコース途中にあるのが、『城ヶ崎ブルース』歌碑。『城ヶ崎ブルース』(作詞・星野哲郎、作曲・関野幾生)は、昭和43年に発売された黒沢明とロス・プリモスのムード歌謡です。星野哲郎作詞、黒沢明と

門脇埼灯台

門脇埼灯台

静岡県伊東市富戸、城ヶ崎海岸の門脇崎に建つ灯台が、門脇埼灯台。城ヶ崎ピクニカルコース途中で、灯台の北側には門脇つり橋(海の吊り橋)があり、城ヶ崎海岸のハイライトになっています。現在の灯台は平成7年完成で(初点灯は昭和35年3月)、展望台(無

富戸の魚見小屋

富戸の魚見小屋

静岡県伊東市富戸、城ヶ崎ピクニカルコース途中、「ぼら納屋」近くの断崖に建つのが、富戸の魚見小屋。ボラ漁の際、ボラの大群を入江に追い込んで捕獲するために、沖の漁船と連携して指示を出すための小屋で、寝泊まり可能な「ノリクチ(乗口)の魚見小屋」を

城ヶ崎ピクニカルコース

城ヶ崎ピクニカルコース

静岡県伊東市、城ヶ崎海岸の富戸側の海岸線を歩く自然探勝路が、城ヶ崎ピクニカルコース。富士箱根伊豆国立公園の遊歩道で、富戸港(ふとこう)側のぼら納屋を起点に、ぼら納屋〜門脇つり橋(海の吊り橋)〜門脇埼灯台〜伊豆海洋公園と歩く3km、所要1時間

対島の滝

対島の滝

静岡県伊東市八幡野、城ヶ崎海岸の城ヶ崎自然研究路途中、橋立つり橋近くに落ちる滝が、対島の滝(たじまのたき)。溶岩台地から直接海に落ちるダイナミックな滝ですが、渇水期には対島川の水量が少なく、雨後などでないと水量が限られるのが残念な点です。雨

大淀・小淀

大淀・小淀

静岡県伊東市八幡野、城ヶ崎海岸の西部、八幡野港近くにある橋立つり橋(海の吊り橋)の東側から岩場に下ったところが、大淀・小淀。城ヶ崎海岸は、4000年前に噴火した大室山の溶岩流で形成されていますが、柱状節理の窪みにできた潮溜まりが大淀・小淀で

橋立つり橋

橋立つり橋

静岡県伊東市八幡野、城ヶ崎海岸の西部、八幡野港近くにある入江に架かる吊り橋が、橋立つり橋。城ヶ崎海岸では、城ヶ崎ピクニカルコース途中の「海の吊り橋」と呼ばれる門脇つり橋が有名ですが、城ヶ崎海岸の南半分を踏破する城ヶ崎自然研究路途中にあるのが

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ