高遠城下まつり|長野県伊那市高遠町|2019

2019年9月7日(土)、伊那市高遠町で『高遠城下まつり』を開催。高遠町西高遠のご城下通り(本通り)・仲町駐車場を会場に、高遠太鼓、高遠ばやしなどの郷土芸能披露など市民参加型のまつり。ハイライトは各地区からの参加者による市民踊りです。信州高遠藩鉄砲隊演武、打上花火(総合グラウンドが観覧場所)、物産展なども実施。

舞踊「孤軍高遠城」や信州高遠藩鉄砲隊にも注目を

まつり当日はご城下通り(本通り)が歩行者天国になり、子供騎馬行列、阿波踊り、市民踊りなどを実施。
仲町駐車場のおまつり広場では、孤軍高遠城伝承会、高遠太鼓保存会やゆかりの地による芸能披露、信州高遠藩鉄砲隊による砲術演武などが行なわれます。

「孤軍高遠城」は、長篠の戦いで武田軍が敗れた後の天正10年(1582年)旧暦3月、織田軍(織田信忠が総大将)3万と高遠城に篭城する武田軍(高遠城主・仁科盛信)が戦った高遠城の戦いを題材にした舞踊。大軍に一歩も引かずに戦い、壮絶な死を遂げた仁科盛信など高遠軍の悲話を舞うもの。盛信の首のない遺体は盛信を崇める地元の領民によって埋葬され、今も五郎山と呼ばれています。
織田信忠は高遠城陥落の翌日、本陣を諏訪に進め、武田氏の庇護下にあった諏訪大社を焼き払い、さらに武田勝頼を追いつめていきます。

信州高遠藩鉄砲隊は、高遠に生まれ、後に郡代として高遠藩の藩政刷新に取り組み、旧高遠藩で砲術や儒学を教えた阪本天山の偉業を後生に伝承することを目的に結成した鉄砲隊。狩猟をする隊員らが大阪の砲術研究家のもとに通い、火縄銃の扱いを習い、「天山流信州高遠藩鉄砲隊」を結成したもの。

takatohzyoukafes02

高遠城下まつり DATA

開催日 2019年9月7日(土)
開催時間 13:00~20:00
所在地 長野県伊那市高遠町西高遠
場所 ご城下通り(本通り)・仲町駐車場
電車・バスで JR伊那市駅下からバスで25分
ドライブで 中央自動車道伊那ICから30分
問い合わせ 伊那市高遠長谷産業振興課 (高遠商工観光係)
TEL:0265-94-2556/FAX:0265-94-3697
関連HP 伊那市観光協会公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

高遠城址公園

2017年4月11日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ