七夕絵どうろうまつり|湯沢市

七夕絵どうろうまつり

毎年8月5日〜8月7日、秋田県湯沢市の市街地一円で『七夕絵どうろうまつり』が開催されます。江戸時代中期の元禄15年(1702年)、秋田藩佐竹南家・7代の佐竹義安に京から輿入れした関白・鷹司兼煕(たかつかさ かねひろ)の姫君のために、五色の短冊に郷愁を託し、青竹に飾りつけたのが始まりといわれています。

灯明りで先祖の霊を案内する「絵どうろう」

七夕絵どうろうまつり

江戸時代から行事の際に絵どうろうを吊るすのが風習でしたが、七夕に絵どうろうが登場したのは明治の初め、仙台から来た野口栄吉が仙台風の七夕(星祭)を加味して描いたものが最初。
浮世絵や美人画が描かれた大小150基の絵どうろうが、夕闇に包まれる町を艶やかに彩ります。

絵どうろうの制作には題材探し、下絵描き、縁取り(図案を墨で縁取り)、そして立体感を出しての着色と2ヶ月を要するのだとか。
「湯沢市絵どうろう保存会」が主催する「絵どうろう」講習会なども開かれ、地域をあげて伝統文化の保存に尽力しています。

8月8日には『雄勝大花火大会』も開催。

七夕絵どうろうまつり
七夕絵どうろうまつり|湯沢市
開催日時 毎年8月5日〜8月7日
所在地 秋田県湯沢市
場所 湯沢市駅前商店街
関連HP 湯沢市公式ホームページ
電車・バスで JR奥羽本線湯沢駅から徒歩1分
ドライブで 湯沢横手道路湯沢ICから
駐車場 臨時駐車場、または、周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 湯沢市観光物産協会 TEL:0183-73-0415
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
雄勝大花火大会

雄勝大花火大会|湯沢市

毎年8月8日19:30~21:00、秋田県湯沢市の役内川河川敷で『雄勝大花火大会』が開催されます。毎年8月5日〜8月7日に『七夕絵どうろうまつり』が行なわれていますが、その翌日に打ち上がる花火大会。小野小町の郷の大花火大会。霊峰・神室山(か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ