湯滝

三岳(みつだけ)の噴火で堰き止められてできた奥日光、湯ノ湖から流れ落ちる滝。落差70m、最大幅25mの末広がりの形をした滝で、豊富な水量が一気に流れ落ちる様は圧巻。水しぶきがあまりに多く湯気のように見えたことから、この名が付いたとも。豪快にしぶきをあげて流れ落ちる滝壺を、間近に眺められる観瀑台が設けられています。

湯ノ湖の水が一気に落下する奥日光を代表する迫力ある滝

湯滝空撮Photo Map

また滝壺近く、標高1410mの位置には「湯滝レストハウス」もあり舞茸の天ぷら、鮎の塩焼き、さしみゆば、ちたけそばなどを味わうことができ、奥日光の貴重なランチスポットとなっています。

湯滝レストハウスから標高1470mの湯ノ湖の湖畔を結ぶ探勝路は、滝を側面から眺められる階段状の歩道となっています。
観瀑台脇からのびる歩道は、戦場ヶ原自然研究路、湯ノ湖自然研究路とそれぞれ連絡しており、ハイキングに最適。

戦場ヶ原自然研究路を利用すれば、竜頭の滝まで足をのばすこともできます。
湯滝レストハウスから赤沼茶屋バス停までは、徒歩2時間ほど。

新緑の湯滝

紅葉の湯滝

 

湯滝 DATA

名称 湯滝/ゆたき
Yutaki Falls
所在地 栃木県日光市湯元
関連HP http://www.nikko-kankou.org/
電車・バスで 日光宇都宮道路清滝ICから国道120号を湯元温泉方面に26km
ドライブで JR日光駅・東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで1時間22分、湯滝入口下車、徒歩5分
駐車場 55台/有料(冬期閉鎖)
問い合わせ 日光市観光協会TEL:0288-22-1525/FAX:0288-25-3347
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

紅葉絶景ドライブ(17)いろは坂/国道120号

2018.10.01

竜頭の滝

2017.06.27
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ