鬼怒川温泉駅転車台

鬼怒川温泉駅転車台

栃木県日光市にある東武鉄道鬼怒川線の駅、鬼怒川温泉駅。東武鉄道ではC11を使ったSL大樹(だいじゅ)を鬼怒川温泉〜下今市間に運行する関係で、鬼怒川温泉駅、下今市駅に転車台を設備しています。逆走が困難なSLの運行では転車台は終点駅には必須の施設で、SL復活運転プロジェクトにあわせてJR西日本から譲り受けた転車台です。

C11形蒸気機関車を転車台で方向転換

鬼怒川温泉駅の転車台(ターンテーブル)は鬼怒川温泉駅の駅前広場に設置されているため、間近でSL大樹を見学でき、人気を集めています。
鬼怒川温泉駅の転車台は、JR西日本、芸備線・三江線の三次駅(みよしえき/広島県三次市)の転車台を移設したもの。
鉄製で長さ20m、幅3mの転車台は、昭和8年に三次駅に設置され、芸備線を中心に福塩線や三江線の車両の方向転換に使われたもので、平成12年頃から使われなくなったもの。

ちなみに、下今市駅に配された転車台は、長門市駅(山口県長門市)から移設したもの。
転車台は全国にまだまだ数ありますが、実際にSLが方向転換する姿を間近に眺めることができる例は希少です。

目下、SL大樹「ふたら」は、JR北海道から借りているC11形207号機と、真岡鐵道から導入したC11形325号機が、20‰(パーミル)前後の勾配が続く下今市発~東武日光着の列車を牽引しています。
客車はJR四国・JR北海道から譲受した14系客車3両。
後ろからJR東日本から譲り受けたDE10形ディーゼル機関車1099(または1109号機)が押しています。

鬼怒川温泉駅転車台
名称 鬼怒川温泉駅転車台/きぬがわおんせんえきてんしゃだい
所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉大原
関連HP 東武鉄道SL大樹公式ホームページ
電車・バスで 東武鬼怒川温泉駅からすぐ
ドライブで 日光宇都宮道路今市ICから約13km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
下今市駅転車台

下今市駅転車台

栃木県日光市にある東武鉄道鬼怒川線の駅、下今市駅。東武鉄道ではC11を使ったSL大樹(だいじゅ)を鬼怒川温泉〜下今市間に運行する関係で、鬼怒川温泉駅、下今市駅に転車台を設備しています。しかも下今市駅には機関車を入れるレンガ造り風の機関庫も整

水上駅SL転車台広場

水上駅SL転車台広場

群馬県みなかみ町、上越線水上駅の構内にあるのがSL転車台広場。SLは、終点駅で方向転換をする必要があり、そのために転車台(ターンテーブル)が配備されています。水上駅では、SLが到着後、転車台広場でSLを方向転換する回転作業や整備作業を行なう

真岡駅(転車台)

真岡駅(転車台)

栃木県真岡市にある真岡鐵道真岡線の駅が真岡駅(もおかえき)。「SLもおか」に因んで、平成9年に蒸気機関車型に改築された駅舎は、関東の駅百選に選定。駅構内に、SLの方向転換を図る転車台があるほか、9600形蒸気機関車、旧型客車(スハフ4425

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ