中禅寺金谷ホテル

中禅寺金谷ホテル

栃木県日光市中宮祠、中禅寺湖の湖畔、標高1290mの高所に建つリゾートホテルが、中禅寺金谷ホテル(ちゅうぜんじかなやほてる)。日光金谷ホテルの系列で、中禅寺湖が外国大使館員などに見出され、避暑地として賑わった歴史を今に伝えるホテルです。

日本ホテル協会加盟では4位となる高所ホテル

中禅寺湖は湖面標高が1269mで、人造湖を除けば日本一標高の高い所にある大きな湖。
湖畔の静かな森の中に建つので、標高は1290mあります。

昭和15年7月16日に外国人受け入れの国策ホテルとして避暑地・中禅寺湖に誕生した日光観光ホテルが前身で、昭和40年、中禅寺金谷ホテルとして再出発。

平成4年には、現在の建物にリニューアルされ、平成16年、温泉棟に露天風呂(空ぶろ)を増設(平成23年に建て替え)するなど、リゾートホテルとして、グレードアップを続けています。

自慢の風呂は、温泉露天風呂「空ぶろ」(そらぶろ)。
内湯と露天風呂がありますが、ホテル側がすすめるのも露天風呂です。
源泉は12kmほど離れた奥日光・湯ノ湖湖畔の湯元温泉。
そこからパイプで引湯していますが、それでも高温の硫黄泉のため、加水して温度を下げています。
週末など外来利用で混雑する時間帯があるのも人気の露天風呂ゆえのこと。

ダイニングルーム「みずなら」でのディナーは、金谷ホテル伝統のフレンチ。
スペシャルディナー、「日光産虹鱒のソテー 中禅寺金谷ホテルスタイル」のトラウトディナー、ライトディナーなどコースメニューも豊富なので避暑、滞在にも向いています。
朝食もダイニングルーム「みずなら」を利用し、コンチネンタル、アメリカンタイプを選択できます。

ランチの営業もあり、大正コロッケットランチ、スペシャルランチなどを味わうことができます(外来利用もOKです)。

客室はスタンダードツイン、デラックスツイン、セミダブル、ジュニアスイート、ハネムーンスイート、特別室と多彩で、全室禁煙(1階に喫煙スペースを用意)。
スタンダードツインでも28平米〜30平米あるゆったりとした造りで、リゾートライフを満喫できます。

国道沿いに「コーヒーハウスユーコン」が営業し、気軽に立ち寄ることができます。
金谷ボートハウスは営業を終え、「中禅寺湖畔ボートハウス」として復元されています。

中禅寺金谷ホテル
名称 中禅寺金谷ホテル/ちゅうぜんじかなやほてる
所在地 栃木県日光市中宮祠2482
関連HP 中禅寺金谷ホテル公式ホームページ
電車・バスで JR日光駅・東武日光駅から東武バス湯元温泉行きで58分、中禅寺金谷ホテル前下車。または、東武日光駅からシャトルバス運行
ドライブで 日光宇都宮道路清滝ICから約18km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 中禅寺金谷ホテル TEL:0288-54-0007
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中禅寺湖・千手ヶ浜

中禅寺湖・千手ヶ浜

栃木県日光市中宮祠、中禅寺湖の最奥、湖の西端に位置する汀線2kmほどの砂浜が、千手ヶ浜。仏教的な浜の名は、日光を開山した勝道上人(しょうどうしょうにん)が、霊峰・男体山を仰ぐ一等地のこの地で千手観音を感得し、千手堂を建立したから。初夏の6月

中禅寺湖遊覧船

中禅寺湖遊覧船

中禅寺温泉湖畔第1・第2駐車場前にある船の駅中禅寺を起点に菖蒲ヶ浜や最奥の千手ヶ浜を遊覧するのが東武グループの中禅寺湖遊覧船。船の駅中禅寺〜菖蒲ヶ浜〜立木観音前〜船の駅中禅寺と周遊するのが基本コースで、季節によっては船の駅中禅寺〜菖蒲ヶ浜〜

中禅寺金谷ホテル

絶景! 夏休みは涼しい湖畔の宿へ!(2) 中禅寺金谷ホテル

うだるような暑さを逃れて、夏は涼しい湖畔の宿へ! その2は、奥日光・中禅寺湖の湖畔(栃木県日光市)の森のなかに建つ、中禅寺金谷ホテル。昭和15年7月16日に外国人受け入れの国策ホテルとして避暑地・中禅寺湖に誕生した日光観光ホテルが前身です。

日本のリゾートホテル 標高TOP5

日本ホテル協会加盟 日本のリゾートホテル 標高TOP5

日本ホテル協会加盟のリゾートホテルで最高所に建つのは、ホテル立山で標高はなんと2450mの高所です。通年営業するホテルでは万座プリンスホテルということに。以下、上高地帝国ホテル、中禅寺金谷ホテル、リゾートホテル蓼科と続きます。1位 ホテル立

今すぐ、中禅寺金谷ホテルを予約

中禅寺金谷ホテル公式ホームページをチェック

一休.comで予約

Yahoo!トラベルで予約

JTBで予約

るるぶトラベルで予約

じゃらん.netで予約

楽天トラベルで予約icon

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ