平川濠

江戸城・平川門に架かる平川橋を境に西側の内濠(うちぼり)が平川濠(平川堀)、東側は大手濠と呼ばれ、水は平川濠から大手濠に向けて流れています。平川濠は北桔橋門から平川門まで江戸城本丸の北側、三の丸の西側を防備する濠です。平川濠の北側が江戸城・北の丸です。

本丸北側を防備し、北の丸とを隔てる濠

北の丸には往時には徳川御三卿の清水家、田安家の屋敷がありましたが、現在は平川濠の北側には国立公文書館、東京国立近代美術館が建っています。

江戸時代には二の丸を守る天神濠が平川濠に連結していましたが、現在は土橋で区切られています。

皇居東御苑園内図に見る 平川濠

江戸城城内図に見る 平川濠


 

平川濠 DATA

名称 平川濠/ひらかわぼり
所在地 東京都千代田区千代田1-1
関連HP 宮内庁公式ホームページ< /td>
電車・バスで 東京メトロ東西線竹橋駅から徒歩6分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

平川門

2017年2月28日

三日月濠(乾濠)

2017年2月21日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ