飛田給駅

飛田給駅

東京都調布市飛田給1丁目にある京王電鉄京王線の駅が、飛田給駅(とびたきゅうえき)。大正5年9月1日、 京王電気軌道の駅として開業したという歴史ある駅で、東京の難読駅名のひとつ。味の素スタジアム(東京スタジアム)の最寄り駅で味の素スタジアム前駅という副駅名が付いています。

味の素スタジアム(東京スタジアム)の玄関らしいフォルムの駅

平成13年にグッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門受賞)を受賞したモダンな駅舎は、FC東京、東京ヴェルディのホームスタジアムである味の素スタジアム(東京スタジアム)をイメージし、スタジアムはもちろん、南北の連絡通路も設置された地域のゲートとなる駅として、街のシンボルになっています。

各駅停車しか停まらないので、新宿方面からの場合は調布での乗り換えが便利です(調布から2駅)。
ちなみに飛田給という不思議な地名は、平安時代頃、荘園領主・飛田氏から給された給田地(あるいはその逆に飛田氏が領主から給された給田)に由来し、明治22年までは、神奈川県北多摩郡飛田給村でした。

飛田給駅
名称 飛田給駅/とびたきゅうえき
所在地 東京都調布市飛田給2丁目
関連HP 京王電鉄公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ