戸畑祇園大山笠|北九州市|2019

戸畑祇園大山笠

2019年7月26日(金)~7月28日(日)、福岡県北九州市で『戸畑祇園大山笠』が行なわれます。博多祇園山笠、小倉祇園太鼓とともに福岡県の夏の三大祭(三大祇園祭)のひとつ。見所は、戸畑区役所前の浅生1号公園一帯で7月27日(土)18:30~21:00に開催される「戸畑祇園大山笠競演会」です。

戸畑祇園大山笠競演会が祇園祭のハイライト

戸畑祇園大山笠

戸畑祇園大山笠は飛幡八幡宮(東大山笠、西大山笠)、菅原神社(天籟寺大山笠)、中原八幡宮(中原大山笠)の祭礼にそれぞれ供奉する氏子の山笠行事。
祭りの起源は、亨和3年(1803年)、流行した疫病の終息を祝って創始といわれ、200年以上もの歴史を有しています。
昼、4基の山笠が12本の幟を立て、周囲に金銀糸の幕を張りめぐらせた幟大山笠として練り回ります。
昼の幟山笠が夜になると提灯山笠に衣替えすることが特長で、提灯山笠は美しく飾られた装飾をすべて取り払い、12段309個の提灯を飾る大規模なもの。
「山・鉾・屋台行事」(全国33ヶ所)としてユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

揃いの法被(はっぴ)に鉢巻き姿の若衆が、「ヨイトサ、ヨイトサ」 のかけ声とともに幟大山笠をかついで町を練り歩きます。
夜は、309個の提灯を12段に重ね、高さ10m、重さ2.5tの光のピラミッドに姿を変え、煌々と輝くのです。

「戸畑祇園大山笠競演会」には、東・西・中原・天籟寺の4体の大山笠と、小山笠(中学生で構成)4体の計8体が勢ぞろいし、昼の姿・幟大山笠から夜の提灯大山笠に変身する様を見ることが可能。
「ヨイトサ、ヨイトサ」のかけ声にあわせて豪華で勇壮な競演を繰り広げ、祭りは最高潮に達すします。

戸畑祇園大山笠|北九州市|2019
開催日時 2019年7月26日(金)~7月28日(日)
所在地 福岡県北九州市戸畑区新池1-1
場所 浅生1号公園一帯
関連HP 戸畑祇園大山笠公式ホームページ
電車・バスで JR戸畑駅から徒歩10分
ドライブで 北九州市都市高速西港ICから約3km
駐車場 タイムズイオン戸畑ショッピングセンター(1945台/有料)
問い合わせ 戸畑祇園大山笠振興会事務局 TEL:093-871-2316/FAX:093-871-4807
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
博多祇園山笠

博多祇園山笠|福岡市

毎年7月1日〜7月15日、福岡県福岡市で『博多祇園山笠』が行なわれます。櫛田神社氏子の祇園神(素戔嗚尊)に対する奉納神事。夏を無事に越したいと願う祭りとして始まったと祭礼。7月10日から「山舁き」(やまかき)が始まり、博多祇園山笠のクライマ

小倉祇園太鼓

小倉祇園太鼓|北九州市|2019

2019年7月19日(金)~7月21日(日)、福岡県北九州市で『小倉祇園太鼓』が行なわれます。小倉の街は、7月に入るといたるところで太鼓の勇ましい音が響き渡り(7月1日に『打ち初め式』)、祭りへ向けて熱気にあふれます。江戸時代からの八坂神社

黒崎祇園山笠

黒崎祇園山笠|北九州市|2019

2019年7月19日(金)~7月22日(月)、福岡県北九州市八幡西区黒崎地区で『黒崎祇園山笠』が行なわれます。春日神社、岡田宮、一宮神社の氏子によって古くから奉納されている祭り。慶長5年(1600年)、福岡藩初代藩主・黒田長政が春日・岡田両

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ