敦賀まつり(氣比神宮『例大祭』)|敦賀市

敦賀まつり

毎年9月2日~9月15日、福井県敦賀市の氣比神宮(けひじんぐう)で『例大祭』(敦賀まつり)が齋行されます。気比神宮の秋季例大祭ですが、敦賀市をあげての大イベントに発展しています。9月2日が宵宮祭、3日神幸祭、4日例大祭、5日~10日後祭、15日の月次祭で終るので「氣比の長祭」として有名。境内外には露店が軒を並べます。

例大祭は9月4日に斎行

9月2日の宵宮祭は、宵山巡行(神楽町1丁目・2丁目通り)、3日の神幸祭には御鳳輦をはじめ氏子各町の神輿が市中を巡幸渡御します(神輿渡御=相生・神楽町1丁目・神楽町2丁目・本町通り、8:00~16:00/御鳳輦巡幸=相生・神楽町1丁目・神楽町2丁目・本町・駅前通り、9:00~14:30)。

9月4日の例大祭では、山車巡行(相生・神楽町1丁目通り、9:30~16:00)。
12:00頃に山車6基が氣比神宮前に集結し、13:30〜出発式後、神楽・相生通りを巡行。

国道8号に交通規制を実施され、駐車場が大変混み合うため、なるべく公共交通機関の利用を。

氣比神宮は、大宝2年(702年)創建の北陸道の総鎮守。
神域の氣比の松原には渤海使停宿として、天平神護2年(766年)、「松原客館」(渤海使をもてなす迎賓館)が建設されています。
元禄2年8月には『奥の細道』途中の松尾芭蕉が訪れています。
高さ11mの大鳥居(重要文化財)は春日大社(奈良県)・厳島神社(広島県)と並ぶ日本三大木造大鳥居。

例大祭は、もともと旧暦8月4日に斎行されていましたが、新暦に換算して9月4日に。
氣比神宮の祭神が海を渡って鎮座したと伝えられる新潟県村上市の西奈彌神社(せなみじんじゃ)の例祭(『瀬波大祭』)も同じ9月4日に執り行なわれています。

敦賀まつり(氣比神宮『例大祭』)|敦賀市
開催日時 毎年9月2日~9月15日
所在地 福井県敦賀市曙町11-68
場所 氣比神宮
関連HP 敦賀まつり公式ホームページ
電車・バスで JR敦賀駅から徒歩15分 またはJR敦賀駅コミュニティバス「はぎ号」で5分、気比神宮前下車
ドライブで 北陸自動車道敦賀ICから約2km(交通規制が実施されるため公共交通機関での来場を)
駐車場 プラザ萬象駐車場・きらめきみなと館駐車場(無料)/敦賀駅前駐車場・白銀駐車場(有料)
問い合わせ 敦賀まつり本部 TEL:0770-20-0191(9月2日~9月4日)敦賀まつり振興協議会事務局 TEL:0770-22-8122
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
瀬波大祭

『瀬波大祭』(西奈彌神社例祭)|村上市

毎年9月3日~9月4日、新潟県村上市で『瀬波大祭』が開催されます。西奈彌神社(せなみじんじゃ)の例大祭。北前船の寄港地、村上藩の玄関として栄えた瀬波の繁栄を背景にした歴史的な祭礼です。9月3日が宵祭で神輿と屋台(おしゃぎり)の町内巡行、9月

氣比神宮

氣比神宮

古代から御食津神(みけつのかみ=食物を司る神)として海人族に信仰されてきた神で北陸道の総鎮守、越前国一之宮として尊崇されてきた古社が、福井県敦賀市の氣比神宮(けひじんぐう)。大宝2年(702年)、文武天皇の勅命で社殿を創建と伝えられ、福井市

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ