三朝温泉・恋谷橋

三朝温泉・恋谷橋

鳥取県東伯郡三朝町(みささちょう)、ラジウム温泉で有名な三朝温泉街に架る3つの橋(かじか橋、三朝橋、恋谷橋)のうちもっとも上流側に位置するのが恋谷橋。平成23年に公開された映画『恋谷橋』(主演・上原多香子、監督・後藤幸一)の舞台にもなっています。

橋の上には「縁結びのカジカガエル」も!

三朝温泉・恋谷橋

もともとは外谷橋(ぬけだにばし)という名の橋があった場所で、恋谷の谷間の家に美しい娘と対岸に住む若者との恋を、川に住む龍神が妬んで水かさの増す川を渡った男を溺れさせ、それを追って娘も身を投げたという悲しい伝説の地。
その供養に橋をかけたというのが始まりといいます。

恋谷橋という名は、完成時にフランス大使が命名した「ヴァレ・ドゥ・ラムール(Valee de l’amour)」に由来。
三朝町は、昭和26年に『第1回キュリー祭』開催以降、フランス大使館を通したフランスとの交流が行なわれ、平成2年には南フランスの温泉リゾート地、ラマルー・レ・バン(Lamalou-les-Bains)と友好姉妹都市になっているのです。

恋谷橋は、夜のライトアップが美しく、橋の下流側の歩道には東屋も設置。
橋の中ほど、下流側の歩道には、三徳川の名物であるカジカガエルの陶製の像があり、恋人を思いながらこの「縁結びのカジカガエル」に優しく触れると恋が実るといわれています。
その横には「絵馬掛け蛙」が置かれ、多くの絵馬が掛けられていますが、この「縁結びかじか蛙の絵馬」は、三朝温泉旅館、観光案内所、商店などで販売(絵馬は出雲大社倉吉分院で御祈祷済)。

三朝温泉を舞台にした映画『恋谷橋』は、宮尾卓志『雨の中の初恋』が原作で、脚本(井上正子、後藤幸一)は毎日新聞社後援の『第1回スーパーシナリオグランプリ』のグランプリ作品。
ヒロイン・島田朋子の実家は、三朝温泉の旅館大橋という設定です。

三朝温泉・恋谷橋
名称 三朝温泉・恋谷橋/みささおんせん・こいたにばし
所在地 鳥取県東伯郡三朝町三朝
関連HP 三朝温泉旅館協同組合公式ホームページ
電車・バスで JR倉吉駅から日ノ丸バス三朝温泉行きで25分、終点下車、徒歩10分
ドライブで 米子自動車道湯原ICから約38km
駐車場 河川敷駐車場(100台/無料)
問い合わせ 三朝温泉観光協会 TEL:0858-43-0431/FAX:0858-43-0430
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

河原風呂(三朝温泉)

世界有数のラドン含有量を誇る三朝温泉は、平清盛が隆盛を極めた平安時代にまで遡る歴史の古い温泉。ラドン含有量を誇る温泉の多くは冷泉(低温)ですが、ここは高温で湧出する世界的にも珍しい存在になっています。温泉街のシンボル、三朝橋のたもとにある露

三朝温泉・三朝橋

三朝温泉・三朝橋

鳥取県東伯郡三朝町(みささちょう)、ラジウム温泉で有名な三朝温泉街の中心に位置し、温泉街を流れる三徳川に架かる3つの橋のうち真ん中に位置するのが三朝橋(みささばし)。橋のたもとの河原には有名な河原風呂(露天風呂)がありますが、橋自体も国の登

三朝温泉・かじか橋

三朝温泉・かじか橋

鳥取県東伯郡三朝町(みささちょう)、ラジウム温泉で有名な三朝温泉街に架る3つの橋(かじか橋、三朝橋、恋谷橋)のうちもっとも下流側に位置するのが、かじか橋。3つ橋の中では、唯一歩行者専用の橋で、橋の北岸にはやなせ公園桜並木があります。三朝温泉

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ