不入岡遺跡(伯耆国府跡)

不入岡遺跡(伯耆国府跡)

鳥取県倉吉市不入岡にある、伯耆国の国府に関連する遺構が、不入岡遺跡(ふにおかいせき)。平成5年に溝や板塀によって区画された大規模な建物群が発掘され、話題に。伯耆国の国府に関連した遺構として、伯耆国庁跡、法華寺畑遺跡とともに伯耆国府跡として国の史跡になっています。

官衙から倉庫群へ転換した施設

不入岡遺跡は、発掘調査から、建物が築かれたのは8世紀前半のⅠ期と、8世紀後半〜10世紀のⅡ期に分かれることが判明しています。
8世紀前半のⅠ期は、東西179m、南北140mに区画されたなかに、建物がコの字に配置されていることから、伯耆国庁の前身となる官衙(かんが)だったと推測されています。
また8世紀後半〜10世紀のⅡ期は、建物が大規模な倉庫に変わり、さらに区画の西側に長大な建物が10棟以上並んでいることから、伯耆国の国内から集められた物資を保管する倉庫だったと考えられています。
つまりは、官衙から倉庫群へ転換した施設ということに。

不入岡遺跡(伯耆国府跡)
名称 不入岡遺跡(伯耆国府跡)/ふにおかいせき(ほうきこくふあと)
所在地 鳥取県倉吉市不入岡
電車・バスで JR倉吉駅からバス農高線で20分、和田入口下車、徒歩10分
ドライブで 北条湯原道路倉吉ICから約1km
問い合わせ 倉吉市教育委員会文化財課 TEL: 0858-22-4419
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伯耆国庁跡

伯耆国庁跡(伯耆国府跡)

鳥取県倉吉市、国分寺地区にある、律令時代の伯耆国(ほうきのくに=現在の鳥取県中西部)の国庁の跡が伯耆国庁跡。昭和44年、柱穴状の落ち込み群が確認され、昭和48年〜昭和53年の発掘調査で、伯耆国庁の遺構であることが判明しています。伯耆国府跡と

伯耆国分寺跡

伯耆国分寺跡

鳥取県倉吉市国分寺、天平 13 年(741年)、聖武天皇の詔で伯耆国(ほうきのくに=現在の鳥取県中西部)に建立された国分僧寺(金光明四天王護国之寺)の跡が伯耆国分寺跡。国府川左岸の丘陵上に立地し、溝と土塁(南側は溝と築地塀)が巡らせれた東西

法華寺畑遺跡

法華寺畑遺跡(伯耆国府跡)

鳥取県倉吉市国府、伯耆国分寺跡の北東にあるのが法華寺畑遺跡(ほっけじばたいせき)。伯耆国庁跡からは北東400m、伯耆国分寺跡には隣接する遺跡で、伯耆国分尼寺の跡とも推測されています。伯耆国府跡として国の史跡になっているほか、伯耆国分寺跡とと

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ