平の渡し

平の渡し

富山県中新川郡立山町、黒部ダムのダム湖(黒部湖)の奥にある関西電力運航の渡船が、平の渡し(たいらのわたし)。針ノ木峠と黒部川(平乃小屋)、五色ヶ原を結ぶ歴史ある登山道がダム湖の誕生で水没したため、その代行として6月〜10月に限って定期便として運航されるもの。

平乃小屋が委託され、水没した登山道に渡船を運航

針ノ木峠~針ノ木谷~黒部川(平乃小屋)~五色ヶ原・ザラ峠というアルプス越えの旧道(登山道)が黒四ダムの建設による黒部ダムの誕生で、黒部川の渡渉地点が水没。
関西電力が平ノ小屋に委託して渡船を運航しています。
1日4~5便と本数が少ないので注意が必要。

ダム湖ができる前には、ここには吊り橋が架かり、黒部川を渡ることができ、以前の平ノ小屋(大正6年、芦峅寺の志鷹弥三太郎が営業開始、戦後芦峅寺の佐伯覚英が買い取って営業)も河原にあった温泉とともに湖底に沈んでいます。

また、立山温泉〜ザラ峠〜黒部川〜針ノ木峠は、天正12年(1584年)、富山城主・佐々成政の厳冬のアルプス越えのルート「さらさら越え」(徳川家康のいる浜松城に援軍を求めるため、アルプス越えのルートを選択)とも伝わっています。

平ノ小屋(現・平乃小屋)を創業した志鷹弥三太郎に関しては『黒部の弥三太郎―立山ガイドと釣り師の物語』(アテネ書房)が出版されています。

平の渡し
名称 平の渡し/たいらのわたし
所在地 富山県中新川郡立山町芦峅寺
問い合わせ 平乃小屋 TEL:090-2039-8051(6月中旬〜10月下旬)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
黒部湖

黒部湖

富山県中新川郡立山町芦峅寺、黒部川のもっとも上流にある黒部ダム(黒四ダム)のダム湖が、黒部湖。映画『黒部の太陽』(昭和43年公開)で知られる北アルプス山中のダム湖で、立山黒部アルペンルート途中に位置しています。また、黒部湖はダム湖百選にも選

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ