慈尊院

慈尊院

和歌山県九度山町にある慈尊院は、空海(弘法大師)が、弘仁7年(816年)に創建した寺で、「女人高野」の名で知られる古刹。空海は高野山に女人の入山を厳しく禁じ、母の入山も許しませんでした。そこで、空海の母は高野山の麓にある慈尊院に住み、ここで逝去したのです。「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録。

空海が建立した古刹で、高野山の表参道・町石道の起点

慈尊院

はるばる讃岐・善通寺(現・香川県)から空海(弘法大師)を訪ねて高野山を訪れた空海の母、玉依御前。
空海は、高野山参詣の表玄関として慈尊院を開き、空海自身も冬は山を下り、ここで過ごした(冬期避寒修行の場)と伝えらる空海ゆかりの地なのです。
空海は、月に9度は高野山上から22kmほどの山道を下って母を訪ねたと伝えられ、それが九度山という町名の由来にもなっています。

本尊は弘法大師の母・玉依御前の化身とされる弥勒菩薩。
弥勒堂に安置される本尊(秘仏)の弥勒菩薩は国宝です。
弥勒堂前には、安産、子授け、子供の健やかなる成長を祈願して布製の乳型が奉納されています。

天文9年(1540年)、紀の川の氾濫で諸堂の大半が流出し、残された堂塔を弥勒檀に縮小移転し、宝蔵の什宝も高野山の山上へと移しています。

弥勒菩薩(国宝)を安置する弥勒堂は国の重要文化財。
寛永年間(1624年~1643年)再建の大日塔(二重塔)は和歌山県の文化財に指定。

高野山の表参道、町石道(ちょういしみち)はここが起点。
境内は国の史跡「高野山町石」の一部となっています。
 

慈尊院 DATA

名称 慈尊院/じそんいん
所在地 和歌山県伊都郡九度山町慈尊院832
関連HP 慈尊院公式ホームページ
電車・バスで 南海電鉄九度山駅から徒歩20分
ドライブで 京奈和自動車道高野口ICから約2.8km
駐車場 10台/無料
問い合わせ TEL:0736-54-2214/FAX:0736-54-2214
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高野山町石道

高野山町石道

2018年12月11日
二ツ鳥居

二ツ鳥居

2018年12月11日
丹生官省符神社

丹生官省符神社

2018年12月10日
丹生都比売神社

丹生都比売神社

2018年12月10日
取材・画像協力/公益社団法人和歌山県観光連盟

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ