赤間神宮・芳一堂

赤間ヶ関阿弥陀寺(今の赤間神宮)に住む盲目の琵琶法師・芳一の演奏する壇之浦の下りに平家の亡霊がその調べに聞きいるという「耳なし芳一の話」。昭和32年に建立された赤間神宮境内の芳一堂。その名の通り、山口県防府市出身の彫刻家、押田政夫氏の芳一像が祀られています。

小泉八雲の「耳なし芳一の話」の芳一を祀る

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)がロンドンとボストンで出版した『Kwaidan(怪談)』の巻頭を飾るのが「耳なし芳一の話」(THE STORY OF MIMI-NASHI-HOICHI)ですが、その種本となったのは小泉八雲の蔵書(富山大学附属図書館蔵ヘルン文庫)でもある1782(天明2)年刊行の一夕散人著『臥遊奇談』巻2「琵琶秘曲泣幽霊」(びわのひきょくゆうれいをなかしむ)。

『臥遊奇談』にも琵琶師の名は芳一であり、背景舞台は長州の赤間関、阿弥陀寺(江戸時代に赤間神宮の名称)と記されています。

毎年7月15日には、『耳なし芳一まつり』(『耳なし芳一琵琶供養祭』)が斎行されています。
会場となるのは芳一堂と七盛塚。

七盛塚は、芳一が平家の武将の前(実は怨霊の前)と錯覚した場所。
実際の七盛塚は、関ヶ原合戦(1600年)の頃、関門海峡で頻発する海難事故から「平家の怨霊が騒ぎ出した」と世間が騒ぎ、周囲の墓標を集めて建立されているので、残念ながら「耳なし芳一の話」も江戸時代に生まれた説話ということになるのかもしれません。

7月15日の『耳なし芳一まつり』(『耳なし芳一琵琶供養祭』)
 

赤間神宮・芳一堂 DATA

名称 赤間神宮・芳一堂/あかまじんぐう・ほういちどう
所在地 山口県下関市阿弥陀寺町4-1
関連HP 赤間神宮公式ホームページ
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス山陽方面行きで10分、赤間神宮前下車
ドライブで 中国自動車道下関ICから約3.6km(8分)
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:083-231-4138
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
赤間神宮『耳なし芳一まつり』

赤間神宮『耳なし芳一まつり』|下関市

2019年6月14日

安徳天皇阿弥陀寺陵

2017年7月16日

赤間神宮・七盛塚

2017年7月16日

赤間神宮

2017年7月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ