浮島の森

浮島の森

和歌山県新宮市、新宮市街中心部の沼にある、5000平方メートルの浮島。太古海だった場所が沼沢となり、その内部に枯れた植物が堆積、水に浮かぶ泥炭層の浮島ができたという不思議な場所。「新宮藺沢(しんぐういのそ)浮島植物群落」として、国の天然記念物に指定されています。

水に浮く泥炭層に植物が繁茂し森に!

浮島の森

浮島にかかる桟橋を渡って島内に入り、島を横断して再び橋を渡り対岸に出ることができます。
泥炭層の上にさらに森が形成されたため、かつては台風の度に島全体が動いたり、森の中の遊歩道を歩くと、足元に揺れを感じるほどだったとか。
また竹竿を地中に入れると20mに至っても地底に届かず、地層の深さは32mもあることがわかっています。
現在、島の西側は浮遊していると思われますが、流入土砂により島の周辺部は固定。

植物が繁茂する森ではオオミズゴケ、ヤマドリゼンマイなど約130種もの植物が確認されていますが、寒帯性のオオミズゴケ、ヤマドリゼンマイ、南方系のテツホシダなど、暖性から寒冷地までの植物群落が混生しているのが特徴。

有料施設で、通行可能時間が定められています。
新宮市観光協会登録ガイドによる自然観察ガイドも実施。
南紀熊野ジオパークのジオスポットにもなっています。

画像協力/(公社)和歌山県観光連盟

浮島の森
名称 浮島の森/うきじまのもり
所在地 和歌山県新宮市浮島
関連HP 新宮市公式ホームページ
電車・バスで JR新宮駅から徒歩8分
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約88km
駐車場 20台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ