福定の大銀杏(宝泉寺)

福定の大銀杏(宝泉寺)

和歌山県田辺市中辺路町の福定地区、宝泉寺境内には幹回り5.3m、樹高22m、推定樹齢400年の大銀杏があります。根元から4mほどのところで幹が数本に分かれ、千本銀杏とも呼ばれています。紅葉の見頃は、例年11月中旬~下旬頃。国道311号をドライブすれば、黄色く色づく紅葉シーズンにははっきりと視認できます。

田辺市の天然記念物に指定される大イチョウ

紅葉シーズンに熊野古道・中辺路(なかへち)を訪れる人は、この福定の大銀杏の紅葉が楽しみのひとつですが、熊野古道自体は南側の山中を抜けています(国道311号でのドライブでのみ探勝可能)。
宝泉寺には無料駐車場もあるので、見学にも便利。

名称 福定の大銀杏(宝泉寺)/ふくさだのおおいちょう(ほうせんじ)
所在地 和歌山県田辺市中辺路町福定
関連HP なかへち町観光協会公式ホームページ
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約30km
駐車場 10台/無料
問い合わせ なかへち町観光協会 TEL:0739-64-1470
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ