武内神社・武内宿禰誕生井

武内神社・武内宿禰誕生井

神功皇后の新羅遠征(三韓征伐)に従軍し、景行、成務、仲哀、応神、仁徳の天皇に仕えた(200年以上生きたことになります)という伝説上の官吏が武内宿禰(たけのうちのすくね)。和歌山には伝説が数多く残され、武内宿禰が産湯を使ったとされる武内宿禰誕生井が武内神社(安原八幡宮奥宮)近く、和歌山市松原に残されています。

武内神社長寿殿に産湯の井戸が

『日本書紀』景行3年2月には、神祇祭祀のために紀伊国阿備柏原に遣わされた皇族・屋主忍男武雄心命(やぬしおしおたけおごころのみこ)が紀直(きのあたい)の遠祖・菟道彦 (うじひこ)の女影媛を娶り、武内宿禰を生むーと記されています。
武内宿禰の母は紀伊国の紀氏一族(きいし=紀伊国造を世襲してきた紀直一族)の娘、つまりは紀伊国で誕生ということに。
その産湯の井戸というのが和歌山市松原にあり、武内神社(安原八幡宮奥宮)がその伝説を今に伝えています。
井戸は武内神社長寿殿という扱い。

その誕生地については、江戸時代に考証がなされ、紀州徳川家に子供がが生まれたときは、長寿にあやかるためこの井戸の水を産湯として用いています。

 武内神社と安原八幡宮は1kmほど離れているのでご注意を。

名称 武内神社・武内宿禰誕生井/たけうちじんじゃ・たけうちのすくねたんじょうのい
所在地 和歌山県和歌山市松原91
関連HP 和歌山市公式ホームページ
電車・バスで 和歌山電鐵吉礼駅から徒歩25分
ドライブで 阪和自動車道和歌山南スマートICから約4km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 和歌山市観光課 TEL:073-432-0001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

竹内さんのルーツを探せ!

タケウチ氏には竹内氏もいれば、武内氏もいる。竹内氏はタケウチと読んだり、タケノウチと読んだりもする。数的にはタケウチと読む竹内氏が圧倒的に多く、そのルーツは地名から来たものと、神功皇后(じんぐうこうごう)の新羅出兵(『古事記』、『日本書紀』

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ