旧田中別邸

旧田中別邸

山口県萩市、萩城下の平安古(ひやこ)地区南端にある第26代内閣総理大臣を務めた田中義一の別邸が旧田中別邸。敷地は、江戸時代の毛利筑前下屋敷にあたり、明治時代には夏みかん栽培を奨励した小幡高政が住んでいました。江戸時代末期の建築と推定される主屋、明治初期築造の土蔵・表門などが現存。

昭和初期に内閣総理大臣を務めた田中義一の別邸

旧田中別邸

明治以降は士族救済のため夏みかんの栽培を奨励した小幡高政が、ここに居住し、主要建物の骨格を完成、大正時代後半からは総理大臣を務めた田中義一の所有となり、主屋の総改築が行なわれています。
主屋は南側から、入母屋造りの平屋部、切妻造りの茶室部、入母屋造りの五松閣からなり、館内には田中義一の大将服や肖像画なども展示されています。

田中義一は、文久3年(1863年)、萩藩(長州藩)の下級武士・田中信祐の三男として生誕。
陸軍士官学校、陸軍大学校に学んだ後、日清戦争に従軍した後、ロシアに留学。
日露戦争前は陸軍屈指のロシア通となり、日露戦争では開戦論を唱え、満州軍参謀となって中枢を務めています。
大正時代、原内閣で、第2次山本内閣で陸軍大臣を務め、病気療養後に政界転身を果たして大正14年、在郷軍人会を背景に、政友会総裁に就任。
昭和2年、昭和金融恐慌で第1次若槻内閣(若槻禮次郎=憲政会)が倒れると、内閣総理大臣に就任していますが、第16回衆議院議員総選挙での選挙干渉、治安警察法の強化、さらに共産党・社会主義者に対し大弾圧を行ない(三・一五事件)、保守的軍国主義的な傾向が一気に強まっています(大正デモクラシーの終焉)。

外交戦略では、それまでの協調外交方針を転換し、昭和2年の山東出兵など、中国侵略も強硬でしたが、張作霖爆殺事件(日本の関東軍による奉天軍閥の指導者・張作霖の暗殺事件)の責任から、昭和4年に辞職(天皇には関東軍の関与を認める上奏をしながら、「関東軍は爆殺には無関係」と発表し、昭和天皇が「それでは前と話が違ふではないか」と叱責、鈴木侍従長から天皇の言葉を聞かされ辞任を決意/ちなみに国民が関東軍の仕業と公式に知ったのは戦後です)。

旧田中別邸に隣接して「かんきつ公園」があり、夏みかんなどのかんきつ類10種380本が植栽されています。
かんきつ公園の横にあるのが、平安古の鍵曲で、一帯は、萩市平安古重要伝統的建造物保存地区に選定されています。

旧田中別邸は、「萩市文化財施設1日券」が利用可能。

旧田中別邸
名称 旧田中別邸/きゅうたなかべってい
所在地 山口県萩市平安古町164-3
関連HP 萩市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR玉江駅から徒歩15分。またはJR玉江駅から萩循環まぁーるバス西回りで5分、平安古南団地前下車、徒歩5分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約44kmで中央公園駐車場
駐車場 中央公園駐車場(146台/有料)
問い合わせ 萩市観光課 TEL:0838-25-3139
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
平安古の鍵曲

平安古の鍵曲

山口県萩市、萩城の城下で、中級・下級武士が暮らしていたのが平安古(ひやこ)地区。4.0haが萩市平安古地区伝統的建造物群保存地区に指定され、土塀と武家屋敷が建ち並んでいます。注目は玉江橋の東南に見られる大児玉横丁の鍵曲(かいまがり)と呼ばれ

かんきつ公園

かんきつ公園

山口県萩市、萩城下の平安古(ひやこ)地区(平安古重要伝統的建造物保存地区)南端にある旧田中別邸に隣接するのが、かんきつ公園。維新後に夏みかんの栽培を奨励した小幡高政(おばたたかまさ)を記念して、夏みかん100本をはじめとする柑橘類10種38

旧児玉家長屋門

旧児玉家長屋門

山口県萩市堀内地区、萩城三の丸、三年坂筋、平安古(ひやこ)の総門に隣接していた児玉家(幕末には児玉三郎右衛門邸)の長屋門が、旧児玉家長屋門。萩市堀内地区伝統的建造物群保存地区にある、なまこ壁の長屋門。児玉家は、萩藩寄組(よりぐみ)に属し、2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ