大島大橋

大島大橋

山口県の最東端(瀬戸内海)に位置する屋代島(周防大島/周防大島町)と対岸の柳井市を結ぶ道路橋(トラス橋)が大島大橋。潮流の早い大畠瀬戸に、昭和51年7月4日に大島大橋有料道路として開通し、平成8年6月1日に無料開放されています。橋の東側には歩道が設置され、歩行者・自転車の通行も可能です。

周防大島と本州(柳井市)を結ぶトラス橋

橋長1020m、海面から31.9mの3径間トラス橋で、主径間長325mはトラス橋としては国内4位という長大橋です。
山口県岩国市から屋代島(周防大島)を経由して愛媛県松山市に至る国道437号が通っています(周防大島・伊保田港〜松山・三津浜港はフェリーで海上国道扱い)。

大畠瀬戸(おおばたけせと=周防灘と安芸灘を結ぶ全長750mの海峡)の潮流は最大10ノットという国内屈指の速さで、橋脚に受ける潮流抵抗をさけるため、多柱式基礎の上に連続トラスを設置する構造を世界で初めて採用。
昭和51年、土木学会田中賞作品部門受賞しています。
歩道からは、眼下にうず潮を眺めることも。

瀬戸内海に面する、とある町が舞台の映画『ときめきメモリアル』(平成9年・東映/フジテレビ制作の「ぼくたちの映画シリーズ」最終作)では、ラストシーンなどに大島大橋が登場。

昭和51年の大島大橋開通以前には山陽本線・大畠駅〜小松港間に国鉄の大島連絡船(大島航路=鉄道連絡船)運航していました。
大島連絡船は、大正10年7月28日に県営航路(戦前は無料の航路)で開設、昭和21年4月24日国鉄に移管(国鉄バスでは初にして唯一の離島路線を島内に開業、現在は中国JRバスが運行)、昭和51年7月2日に廃止されています。

なお、大島大橋の柳井市側のたもとには山陽本線が通過し、橋上の歩道は絶好の鉄道撮影ポイントになっています。

名称 大島大橋/おおしまおおはし
所在地 山口県柳井市神代東瀬戸〜大島郡周防大島町小松瀬戸
関連HP 山口県公式ホームページ
電車・バスで JR山陽本線大畠駅から徒歩10分
問い合わせ 周防大島町商工観光課 TEL: 0820-79-1003
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本の橋ランキング/ トラス橋 ベスト10

日本の橋ランキング/ トラス橋 ベスト10

部材同士を三角形につなぎ合わせた構造がトラス構造で、安全性と耐久性を確保するために橋にはトラス構造が採用されることがあります。筋かいを入れることで構造強度を強めるもので、耐震構造にも優れた橋がトラス橋 というわけなのです。しかも東京ゲートブ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ