旧久保田家住宅

旧久保田家住宅

山口県萩市、萩城下の商家が並ぶ呉服町の御成道沿い、萩随一の豪商だった菊屋家住宅の向かいに建つ商家が旧久保田家住宅。久保田家は、江戸時代後期に近江から萩に移り、初代・久保田庄七が熊谷町の久保田家の分家となり、呉服商を開いたという近江商人。江戸時代の後期に建てられた商家が公開されています。

明治中期、全盛期の豪商の町家に復元

旧久保田家住宅(Kubota Family Old Residence)山口県萩市(Hagi City,JAPAN)

久保田家の2代目・久保田庄次郎は、呉服商から酒造業に転じ、明治30年代まで造り酒屋「あらたま酒店」を営んでいました。
久保田庄次郎は、それまで見島の島民が島外の複数の金貸しから借りていた借金を一時的に肩代わりするなど財力にゆとりがあったこと、近江商人らしい「社会配慮型経営」がわかります。

平成10年の保存修理事業で、明治16年に大改造されたことが判明。
明治中期の最盛期に、蔵数棟を有する屋敷構えが整ったと推測されます。
主屋には物置や使用人の寝間となる厨子二階(つしにかい=中二階)を設けています(向かいの菊屋家住宅と比較するとよくわかります)。

現在の姿は、復元された明治中期のもので、通り庭のある主屋、茶室、2ヶ所の庭など、豪商の生活を垣間見ることができます。

同じ城下町地区にある木戸孝允旧宅、青木周弼旧宅などとともに「萩市文化財施設1日券」が利用できます。

旧久保田家住宅
名称 旧久保田家住宅/きゅうくぼたけじゅうたく
所在地 山口県萩市呉服町1-31-5
関連HP 萩市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR萩駅から萩循環まぁーるバス西回りで20分、萩城外堀入口下車、徒歩5分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約45km
駐車場 中央公園駐車場(146台/有料)
問い合わせ 萩市観光課 TEL:0838-25-3139
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
木戸孝允旧宅

木戸孝允旧宅

山口県萩市呉服町、江戸屋横丁に面して建つのが木戸孝允旧宅(きどたかよしきゅうたく)。幼少時、向かいの桂家の養子となったため、桂小五郎の名もある木戸孝允。養子に出た直後養母が亡くなり、結局この生家で青春時代を過ごしています。国の史跡。萩城下・

青木周弼旧宅

青木周弼旧宅

山口県萩市呉服町、中級武士の暮らした江戸屋横丁なかほどにあり、木戸孝允(きどたかよし)の生家の3軒南に位置するのが青木周弼旧宅(あおきしゅうすけきゅうたく)。青木周弼は、漢方医学を学んだ後に長崎にシーボルトに西洋医学を学び、後に13代藩主・

重要文化財菊屋家住宅

重要文化財菊屋家住宅

山口県萩市、萩城城下町・呉服町にあり、萩藩の御用商人として藩を支えた豪商の館が重要文化財菊屋家住宅。現存する建物は江戸時代初期のもので、主屋、本蔵、金蔵、米蔵、釜場などが残り、うち4棟を一般公開。雪隠(せっちん)にも床の間付きの着替え室を併

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ