木戸孝允旧宅

木戸孝允旧宅

山口県萩市呉服町、江戸屋横丁に面して建つのが木戸孝允旧宅(きどたかよしきゅうたく)。幼少時、向かいの桂家の養子となったため、桂小五郎の名もある木戸孝允。養子に出た直後養母が亡くなり、結局この生家で青春時代を過ごしています。国の史跡。

萩城下・江戸屋横丁に、木戸孝允生誕の地が!

木戸孝允旧宅

豪商・江戸屋があったことが街路名の由来という江戸屋横丁。
藩主が通る御成道から江戸屋横丁に少し入った場所に建つ建物は、木造瓦葺きの2階建て。
木戸孝允の実父の和田晶景(わだしょうけい)が藩医だったため、来客用の玄関のほかに、患者用の玄関も別に備えられています。

木戸孝允旧宅には、木戸孝允が誕生した部屋や勉強部屋などが当時のまま残され、「今日」と書かれた7歳〜8歳頃の書などが飾られています。
観覧には、「萩市文化財施設1日券」が利用可能。

維新の三傑、木戸孝允の活躍を知る

大久保利通、西郷隆盛とともに維新の三傑に数えられる木戸孝允。
天保4年6月26日(1833年8月11日) 、長州藩の藩医である和田昌景の長男として生誕。
天保11年(1840年)、7歳で萩藩士(長州藩士)・桂孝古の末期養子となりますが、翌年、桂家の養母も亡くなったため、和田家に戻っています。

藩校明倫館に通い、吉田松陰の兵学門下となり、山鹿流兵学を学び、嘉永5年(1852年)、剣術修行を目的に江戸留学、江戸三大道場といわれた練兵館(神道無念流)に入門。
嘉永6年(1853年)、ペリーの江戸湾来航を目の当たりにし、江川英龍に弟子入りして台場建設を見学、兵学・砲術を学び、藩に軍艦建造の意見書『相州海岸警衛に関する建言書』を提出しています(長州藩は洋式軍艦を建造)。
文久2年(1862年)には萩藩(長州藩)の要職に就き江戸から京へと上り、京では新選組に追われながら、桂小五郎の名で活躍(桂小五郎・幾松寓居跡があります)。
慶応元年(1865年)、藩命により姓を木戸と改め、翌年、薩長同盟の締結に尽力しています。
明治維新では、五箇条の御誓文、版籍奉還・廃藩置県、四民平等、明治憲法の制定、東京奠都などの諸政策を提案し、実現。
明治10年、西郷隆盛に批判的な木戸孝允は、西南の役の途中に自ら出陣を希望、その途中、持病(大腸癌)が悪化し、京都の別邸で病死。
墓所は、京都の霊山護国神社。

木戸孝允旧宅
名称 木戸孝允旧宅/きどたかよしきゅうたく
所在地 山口県萩市呉服町2
関連HP 萩市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR萩駅から萩循環まぁーるバス西回りで19分、萩城城下町下車、徒歩1分
ドライブで 中国自動車道山口ICから約45km
駐車場 中央公園駐車場(146台/有料)
問い合わせ 萩市観光課 TEL:0838-25-3139
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
桂小五郎・幾松寓居跡

桂小五郎・幾松寓居跡

桂小五郎(のちの木戸孝允)は、長州藩士時代、京の花街・三本木の芸妓・幾松と恋仲となり、幕末の動乱期にそのふたりが住んだのが長州藩控屋敷(現・京都市中京区上樵木町)。時に新撰組に追われながら苦難の時代を過ごしています。蛤御門の変のあとには新撰

江戸屋横丁

江戸屋横丁

山口県萩市呉服町、参勤交代で藩主が通った「御成道」(おなりみち)を北限とする呉服町の3本の小路のひとつが江戸屋横丁。西から菊屋、伊勢屋、江戸屋という横丁は、かつてその地にあった豪商の名前。江戸屋横丁には、木戸孝允(きどたかよし)の生家や、青

青木周弼旧宅

青木周弼旧宅

山口県萩市呉服町、中級武士の暮らした江戸屋横丁なかほどにあり、木戸孝允(きどたかよし)の生家の3軒南に位置するのが青木周弼旧宅(あおきしゅうすけきゅうたく)。青木周弼は、漢方医学を学んだ後に長崎にシーボルトに西洋医学を学び、後に13代藩主・

旧久保田家住宅

旧久保田家住宅

山口県萩市、萩城下の商家が並ぶ呉服町の御成道沿い、萩随一の豪商だった菊屋家住宅の向かいに建つ商家が旧久保田家住宅。久保田家は、江戸時代後期に近江から萩に移り、初代・久保田庄七が熊谷町の久保田家の分家となり、呉服商を開いたという近江商人。江戸

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ