桂小五郎・幾松寓居跡

桂小五郎・幾松寓居跡

桂小五郎(のちの木戸孝允)は、長州藩士時代、京の花街・三本木の芸妓・幾松と恋仲となり、幕末の動乱期にそのふたりが住んだのが長州藩控屋敷(現・京都市中京区上樵木町)。時に新撰組に追われながら苦難の時代を過ごしています。蛤御門の変のあとには新撰組に追われて、幾松の機転で助かったこともあるのです。

長州藩控屋敷の一部は高級料亭「幾松」に

長州藩控屋敷だった建物の一部は現存し、高級料亭(料理旅館)「幾松」が営まれています。
併設の「維新庵」では、「桂小五郎御膳」をはじめとする幕末の志士達の名前がついたメニューを味わうことができます。
国の登録有形文化財となった「幾松」の2棟のなかには抜け穴、飛び穴、のぞき穴、つり天井などが昔のままに残り、新撰組や他の藩の襲撃を受けたときの脱出ルートが確保されている様子が今に伝わっていす。
宿泊や食事をすれば「幾松の間」を見学することも可能。

ちなみに、父は若狭小浜藩士だったという芸妓・幾松は、明治元年、木戸孝允(西郷隆盛、大久保利通と並ぶ維新の三傑)の実家・萩を訪れ、夫人・木戸松子となっています。
木戸孝允が京の別邸で病死(44歳という若さでした)する時にも傍らで看病し、墓はともに霊山墓地に仲良く並んでいます。

名称 桂小五郎・幾松寓居跡/かつらこごろう・いくまつぐうきょあと
所在地 京都府京都市中京区上樵木町
電車・バスで 地下鉄東西線京都市役所前駅から徒歩3分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約9kmで市営御池駐車場
駐車場 市営御池地下駐車場(1000台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 京都総合観光案内所 TEL:075-343-0548
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
池田屋跡

池田屋跡

元治元年6月5日(1864年7月8日)、京都三条木屋町(三条小橋)の旅館・池田屋に潜伏していた長州藩・土佐藩の尊王攘夷派志士を近藤勇を中心とする新選組が襲撃した事件が池田屋事件(池田屋騒動)。その跡地には「池田屋騒動之址」という石碑が立って

長州藩京屋敷跡

長州藩京屋敷跡

幕末動乱の京の歴史を語るとき、統幕の中心となった長州藩士・桂小五郎(かつらこごろう=維新の三傑、木戸孝允)と長州藩は欠かせません。二条を少し下がった河原町通沿いに長州藩京屋敷はありましたが現在は「京都ホテルオークラ」の敷地となっており、石碑

木戸孝允旧邸・達磨堂

木戸孝允旧邸・達磨堂

長州藩士の桂小五郎(かつらこごろう/維新の三傑のひとり)は、明治維新を迎え、36歳以降は木戸孝允(きどたかよし)と名乗っています。その木戸孝允が構えた京都の邸宅跡は今の京都市職員厚生会「職員会館かもがわ」の一帯。長州藩士で当時の京都府知事・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ