岡城・下原門跡

岡城・下原門跡

大分県竹田市、天神山に築かれた岡藩の藩庁が、岡城(豊後竹田城)。追手側、玄関門となる大手門に対し、搦手(からめて=裏口)にあたるのが下原門(しもばるもん)。下原門跡の石垣のみが現存しています。中川秀成(なかがわひでしげ)入城以前には、ここが大手門だったと伝えられています。

岡城の搦手(からめて)を守備する門が下原門

岡城・下原門跡

築城の名手・藤堂高虎(とうどうたかとら)は、慶長16年(1611年)、肥後熊本藩の監国に赴くため、熊本城に向かう際、岡城に立ち寄り、東向きの大手門は、朝日が当たると戦いで不利となることから、大手門を東向きの下原門から現在の西向きの大手門に改造すべきことを指摘。

初代藩主となった中川秀成は、慶長17年(1612年)に没していますから、最晩年に藤堂高虎の助言を受け、大手門を搦手門に改修したことに。

枡形の虎口、横矢掛けとなった実戦的な構造で、攻め手を門の正面に誘導し、櫓台の上から矢や鉄砲を射掛ける仕組みです。

東側の石垣には、石垣のズレを防ぐために、石材にホゾを切り、石と石の間の千切(ちぎり)に楔(くさび)をはめ込んでいます。
石垣の石は、阿蘇山の大噴火で噴出した火山灰などが堆積してできた阿蘇溶結凝灰岩。
ガラス質が解けて混じり、虎の模様のように見えることから虎目石とも呼ばれています。
それを形を整えた切石にして積み重ね、見事な石垣を築いているのです。
見事な高石垣の積み方なども、築城の名手、藤堂高虎の助言があったのかも知れません。

現在の岡城の登城ルートでは最奥の場所に位置し、比較的に未整備のため、訪れる人も少ない、穴場です。
往時には、下原門と本丸の間に、歴代藩主の位牌が祀られる御廟所があり、「東の郭」と呼ばれていました。
中世の志賀親次(しがちかつぐ)時代には、「東の郭」にあたる部分が岡城の主郭で、下原門にあたる場所が大手門でした。

岡城・下原門跡
岡城・下原門跡
名称 岡城・下原門跡/おかじょう・しもばるもんあと
所在地 大分県竹田市竹田
関連HP 竹田市岡城跡公式ホームページ
電車・バスで JR豊後竹田駅から徒歩20分
ドライブで 大分自動車道大分光吉ICから約41km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 竹田市教育委員会 TEL:0974-63-1111/FAX:0974-63-2373
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

岡城跡

岡城跡は、竹田市街の東2kmにあり、1185(文治元)年、緒方三郎惟栄(これよし)が源義経を迎えるために築城したと伝わる、平山城の跡。標高325m、周囲は2つの川にはさまれ、阿蘇山の火砕流で形成された断崖絶壁に建っているため、難攻不落の名城

岡城・大手門跡

岡城・大手門跡

大分県竹田市にある天神山に築かれた梯郭式山城が、岡城(豊後竹田城)。岡藩(竹田藩)の藩庁にもなった城域は、東西2500m、南北362mにも及び、石垣などの遺構が残され国の史跡になっています。その玄関口にあたるのが、大手門で、大手門跡は石垣の

岡城・本丸跡

岡城・本丸跡

大分県竹田市にある天神山に築かれた梯郭式山城が、岡城(豊後竹田城)。岡藩(竹田藩)の藩庁にもなった城域は、東西2500m、南北362mにも及び、石垣などの遺構が残され国の史跡になっています。その中心となる曲輪(くるわ)が本丸で、本丸跡の石垣

岡城・太鼓櫓跡

岡城・太鼓櫓跡

大分県竹田市、江戸時代に岡藩の藩庁が置かれた山城が、岡城(豊後竹田城)。日本100名城、日本さくら名所100選にも選定される城です。太鼓櫓跡は、三の丸の入口を防備する櫓門で、城内で最も重要な門だった場所。隣接して鐘櫓跡があり、ここからいよい

岡城・西の丸跡

岡城・西の丸跡

大分県竹田市にある天神山に築かれた梯郭式山城が、岡城(豊後竹田城)。岡藩(竹田藩)の藩庁にもなった城域は、東西2500m、南北362mにも及び、石垣などの遺構が残され国の史跡になっています。西の丸は3代藩主・中川久清(なかがわひさきよ)の隠

岡城・三の丸跡

岡城・三の丸跡

大分県竹田市、江戸時代に岡藩の藩庁が置かれた山城が、岡城(豊後竹田城)。日本100名城、日本さくら名所100選にも選定される城です。岡城の中核部分の入口となるのが三の丸で、往時には藩主が家臣や他藩からの使者などに対面した場所だとされています

岡城・二の丸跡

岡城・二の丸跡

大分県竹田市、天神山に築かれた岡藩の藩庁が、岡城(豊後竹田城)。城郭内最高所に位置する本丸の北側に配されているのが二の丸。主殿、御風呂屋、月見櫓などが建ち、来客の接待、藩主の憩いの場になっていました。現在では来城者のための休憩所があるほか、

岡城・滝廉太郎銅像

岡城・滝廉太郎銅像

大分県竹田市竹田、岡城の二の丸跡に立つのが、滝廉太郎銅像。作曲家・滝廉太郎(瀧廉太郎)は、土井晩翠作詞の『荒城の月』の作曲で有名。旧制中学校唱歌の懸賞募集の作品で、岡城をイメージして作曲したといわれ、銅像は、滝廉太郎と同窓で4歳年下の朝倉文

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ