篠目駅(篠目駅給水塔)

篠目駅(篠目駅給水塔)

山口県山口市にあるJR山口線の駅が、篠目駅(しのめえき)。大正6年7月1日、山口線が山口駅から篠目駅まで延伸した際の終着駅として開業。そのため、開業時に蒸気機関車への給水のために設置された篠目駅給水塔が残されています。SLやまぐち号の給水には使われていませんが、ツーショット写真の撮影地になっています。

SLやまぐち号とレンガ製給水塔とのツーショットを撮影

大正7年4月28日、山口線は三谷駅まで延伸し、途中駅になっています。
SLやまぐち号は篠目駅(簡易委託の無人駅)にも停車し、のどかな風景と、給水塔があるため、撮影スポットとしても人気(ただし停車時間は短いです)。

駅構内にあるレンガ造りの給水塔は、大正11年築。
SLやまぐち号は、下り(津和野行き)の場合は、急勾配の登り坂に備え、仁保駅で長時間停車し、給水と石炭の補給をしています。
さらに津和野駅の転車台で方向を変え、給水給炭作業を行なって帰路に備えます(帰路は仁保駅での給水給炭はなく、通過しています)。

篠目駅(篠目駅給水塔)
名称 篠目駅(篠目駅給水塔)/しのめえき(しのめえききゅうすいとう)
所在地 山口県山口市阿東篠目951
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
津和野駅転車台

津和野駅転車台

島根県鹿足郡津和野町後田、JR山口線津和野駅の北側、津和野川近くにあるのが津和野駅転車台。津和野駅は津和野機関庫(津和野機関区、小郡機関区津和野支区/昭和61年廃止)があった駅で、快速「SLやまぐち号」の終着駅。その「SLやまぐち号」が使う

下関総合車両所新山口支所転車台

下関総合車両所新山口支所転車台

山口県山口市小郡、新山口駅は、山口線の観光列車「SLやまぐち号」の始発駅。蒸気機関車は始発、終点となる駅に転車台がないと、帰路に背走することになりますが、「SLやまぐち号」は始発の新山口駅に近い下関総合車両所新山口支所転車台、終点の津和野駅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ