浄の滝

浄の滝

山形県最上郡戸沢村、神仏習合時代、出羽三山詣での人々が穢(けがれ)を祓う禊(みそぎ)の滝、修験の滝として利用したのが落差65mの浄の滝(じょうのたき)。これほどの山中に、わざわざ禊にと思えるほど人里離れた山奥なので、それなりの準備が必要です。できればガイド同伴で探勝を。

ガイド同伴で探勝したい秘瀑

【ドローン空撮】浄の滝 Jo-no-Taki(日本一の滝王国山形)

最上川舟下り(最上川芭蕉ライン)の古口港のある古口集落から南へ、角川沿いを走る山形県道57号戸沢大蔵線に入り、角川郵便局の先で角川沿いの道に入り(途中からダートの林道です)、砂防ダムを越えたところの駐車場から徒歩30分(土砂崩れの影響で、駐車場まで侵入できない状況が続いているので、入山にあたっては事前に確認を=その場合は余分に片道1時間ほどかかります)。

雪解けの6月中旬頃からアプローチ可能ですが、6月には滝下に雪渓も残る深山幽谷なので、軽い気分での入山は厳禁です。

標高は滝下で450mほど。
最後の駐車場が300mほどなので、高度差150mを登ることになります(道は沢から少し離れた山腹に設けられています)。
ピンクテープを追うような場所もあるので、初めて行く人はガイド同伴がおすすめです。
滝は段瀑で、全体を通せば落差100mほどになります。

浄の滝
名称 浄の滝/じょうのたき
所在地 山形県最上郡戸沢村角川
関連HP 戸沢村観光物産協会公式サイト
電車・バスで JR古口駅からタクシーで1時間、遊歩道入口から徒歩30分
ドライブで 尾花沢新庄道路新庄ICから約30km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 角川ガイド協会 TEL:0233-73-8051
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本一の滝王国・山形

日本一の滝王国・山形 観賞したい20瀑を紹介!

山形県内には230もの滝(落差5m以上)があり、滝の数では日本一。全国に2488ヶ所ある(平成元年、環境省の自然環境保全基礎調査)といわれる滝のうち1割が集中することに。山形県では「日本一の滝王国 山形」をPRしています。そんな山形県から代

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ