本栖湖遊覧船「もぐらん」

本栖湖遊覧船「もぐらん」

富士五湖のなかで、透明度12mと、もっとも透明度が高いのが本栖湖(もとすこ)。その本栖湖を船上から眺めるのが、富士五湖汽船(富士急行グループ)の本栖湖遊覧船。就航するのは、潜水艦型遊覧船「もぐらん」。湖上を遊覧しながら、船底ののぞき窓から湖底が見られる海底透視船で、鯉、ヒメマス、ニジマス、ウグイなどを観察します。

潜水艦型遊覧船「もぐらん」で本栖湖を遊覧

潜水艦型遊覧船「もぐらん」は、船体を黄色く塗装され、「イエローサブマリン」とも呼ばれています。
定員は30名で、所要30分ほどで湖を一周。
船内に2つ設置された船底窓から湖中の生物を観察する仕組み(客室前方、操舵席横には魚群探知機を設置)。
湖に潜るわけではないので「もぐらん」というブラックユーモアのような船名で、後方デッキスペースなら風に吹かれながら周囲の山並みを眺望できます。
船内と話の出来る通信管や潜望鏡も設置されているので、「潜水艦ごっこができる」とファミリーに人気です。
ペット同伴も、ゲージに入れれば、このデッキスペースなら乗船OK。

例年、富士芝桜期間には毎日運航されています。

名称 本栖湖遊覧船「もぐらん」/もとすこゆうらんせん「もぐらん」
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖325
関連HP 富士五湖汽船公式ホームページ
電車・バスで 富士急行線河口湖駅から富士急行バス本栖湖方面行きで47分、本栖湖下車
ドライブで 中央自動車道河口湖ICから約20km
駐車場 県営本栖駐車場(50台/無料)
問い合わせ TEL:0555-72-0029/FAX:0555-72-0251
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
本栖湖

本栖湖

山梨県南都留郡富士河口湖町・南巨摩郡身延町にまたがる、周囲12.6km、面積5.05平方キロメートルと、富士五湖では3番目に大きな湖が本栖湖(もとすこ)。最大深度は138mと、ほかの湖とはケタ違いに深く、また貯水量も豊富。五湖ではもっとも開

河口湖遊覧船「アンソレイユ」

河口湖遊覧船「アンソレイユ」

富士五湖で最もにぎやかな湖、河口湖(かわぐちこ)は世界遺産富士山(「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」)の構成資産のひとつ。富士急行グループの富士五湖汽船が運航する河口湖遊覧船「アンソレイユ」は、富士急行線河口湖駅から徒歩10分の船津浜から発

山中湖遊覧船「白鳥の湖」

山中湖遊覧船「白鳥の湖」

富士五湖の中でもっとも東、そして高所に位置するのが山中湖。富士急行グループの富士汽船が旭日丘桟橋を起点に運航するのが山中湖遊覧船「白鳥の湖」。「日本一の富士の麓 山中湖に 日本一美しい白鳥を浮かばせよう」をコンセプトに、平成24年、「プリン

富士五湖とは!?

富士五湖とは!?

富士山の北麓に広がる5つの湖が富士五湖。世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産になっている湖で、東から、山中湖(やまなかこ)、河口湖(かわぐちこ)、西湖(さいこ)、精進湖(しょうじこ)、本栖湖(もとすこ)の5つです。個性あ

標高の高い湖 TOP10

標高の高い湖 TOP10

日本最高所の湖を答えられる人は多くはありません。地理学的にも湖と池、沼の違いを厳密に区分することは困難なので、ここでは湖面の面積1キロ平方以上のものを湖とし、標高別にランキングしてみました。栄(は)えある1位に輝いたのは、栃木県日光市の中禅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ