南アルプス展望台

南アルプス展望台

山梨県南巨摩郡身延町、本栖湖(富士河口湖町)と下部温泉を結ぶ国道300号(本栖みち)途中、中之倉トンネル(延長558 m、幅員6.5 m)の身延町側、標高860m地点に位置する展望地が南アルプス展望台。国道のカーブ部分の路側を利用して駐車場と東屋、ベンチなどが設けられています。

下部温泉から「甲州いろは坂」を上ると展望台が

南アルプス展望台
左端は七面山、右端に塩見岳が顔をのぞかせ、聖岳は笊ヶ岳に隠れて見えません

ちょうど真西(真正面)に赤石岳(3120.5m)、その左前に笊ヶ岳(2629.4m)、右に悪沢岳(3141m)を最高峰とする荒川三山、さらに塩見岳(3052m)と続く南アルプス南部の山並みを眺めることができます。
望遠鏡を持参すれば赤石岳山頂東面の氷河地形・カール(圏谷)を眺めることも可能(距離は37kmほど離れているので、肉眼だとかなり遠くに感じます)。

中之倉トンネルを挟んで反対側の本栖湖(富士河口湖町)側には富士山・本栖湖を一望できるビューポイント(千円札裏側の景色)もあり、国道300号は、富士山の展望台と南アルプスの展望台を結ぶ道ということに。
中之倉トンネルの上、中ノ倉峠には、千円札の富士山(中ノ倉峠展望地)もあるので、時間が許せば寄り道を(山梨県道709号本栖湖畔線沿いの登山口から徒歩30分)。
南アルプス側の光線状態がいいのは午前中、対して、富士山が順光となるのは午後です。

国道300号(本栖みち)は、南アルプス展望台から山麓部分がヘアピンカーブが連続し、地元では「甲州いろは坂」と呼ばれも呼ばれているので、運転は慎重に(実際にはヘアピンカーブは8ヶ所程度です)。

南アルプス展望台
南アルプス展望台
名称 南アルプス展望台/みなみあるぷすてんぼうだい
所在地 山梨県南巨摩郡身延町中之倉
ドライブで 中部横断自動車道下部温泉早川ICから約19km。中央自動車道河口湖ICから約25km
駐車場 4台/無料
問い合わせ 山梨県峡南建設事務所道路課 TEL:055-240-4128
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
千円札の富士山(中ノ倉峠展望地)

千円札の富士山(中ノ倉峠展望地)

旧五千円札と現在の千円札に描かれた富士山は本栖湖北西岸(山梨県身延町)からの「逆さ富士」。紙幣は、写真家・岡田紅陽の撮った写真(『湖畔の春』)を元絵にしています。実際に岡田紅陽が写真を撮った場所は、「本栖湖セントラルロッジ浩庵」裏手の山中、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ