県道富士宮鳴沢線展望台

県道富士宮鳴沢線展望台

山梨県南都留郡富士河口湖町、西湖の南青木ヶ原(鳴沢)と朝霧高原を結ぶ、山梨県道・静岡県道71号(富士宮鳴沢線)途中にある展望駐車公園が、県道富士宮鳴沢線展望台。駐車場の脇にベンチが置かれ、青木ヶ原樹海越しの本栖湖、その上に南アルプスを眺望できます。

本栖湖越しに白峰三山を眺望

正面が本栖湖と、旧五千円札と現在の千円札に描かれた中ノ倉峠展望地。
つまりは、写真家・岡田紅陽が元絵となる写真(『湖畔の春』)を撮った場所です。
中ノ倉峠の上に、櫛形山、その上に南アルプスの峰々が並びますが、右端が駒ヶ岳(甲斐駒ヶ岳)、そして白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)、左端に塩見岳を眺望します。

本栖湖の真上に白峰三山の大きな山塊が横たわるのも、山好きに人気のゆえん。
残雪の南アルプスと、新緑の樹海、新雪の南アルプスと紅葉の樹海、緑滴る真夏の風景と四季折々の景観を楽しむことができます。

富士山の寄生火山(側火山)、大室山(1468m)の麓、標高1122mのカーブ(溶岩流の流れ出た尾根)の突端にあるのが絶景を生み出している理由(大室山への登山道はありません)。

本栖湖(富士河口湖町)と下部温泉を結ぶ国道300号(本栖みち)途中、中之倉トンネル(延長558 m、幅員6.5 m)の身延町側、標高860m地点にも国道のカーブ部分の路側を利用して南アルプス展望台が設けられていますが、そちらは南アルプス南部の赤石岳がメインで北部の白峰三山は見えません。

県道富士宮鳴沢線展望台
名称 県道富士宮鳴沢線展望台/けんどうふじのみやなるさわせんてんぼうだい
所在地 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖
関連HP やまなし観光推進機構公式ホームページ
電車・バスで 富士急行線河口湖駅からタクシーで25分
ドライブで 中央自動車道河口湖ICから約15km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 山梨県富士東部建設事務所吉田支所道路課 TEL:0555-24-9087
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
南アルプス展望台

南アルプス展望台

山梨県南巨摩郡身延町、本栖湖(富士河口湖町)と下部温泉を結ぶ国道300号(本栖みち)途中、中之倉トンネル(延長558 m、幅員6.5 m)の身延町側、標高860m地点に位置する展望地が南アルプス展望台。国道のカーブ部分の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ