横浜イルミネーション『ヨルノヨ』|2022

横浜イルミネーション『ヨルノヨ』

2022年11月24日(木)〜2023年1月3日(火)17:00~21:05、神奈川県横浜市の新港中央広場・横浜港大さん橋国際客船ターミナルで、アートイルミネーション『ヨルノヨ-YOKOHAMA CROSS NIGHT ILLUMINATION-』を開催。

新港地区がアートイルミネーションで埋め尽くされる!

横浜イルミネーション『ヨルノヨ』

2020年のテーマ「ひと・もの・文化の交差(CROSS)」、2021年は「FLOW-巡る-」がテーマでしたが、2022年は「GROW-進化する-」がテーマ。
生まれた新しい価値を巡らせ、さらに発展し続ける「横浜らしさ」を光と音楽で表現するイベントです。

「NIGHT VIEWING」(新港地区と周辺エリア)は、港の景観を活かした横浜ならではのダイナミックなイルミネーションで、広場と周辺の27施設が連動した街ぐるみのダイナミックな光と音の5分間の演出(1日8回実施)。
新港中央広場や、横浜港大さん橋国際客船ターミナルなどから楽しむことができます。

新港中央広場では、広場を巡りながら楽しむ「NIGHT WALKING」(17:00~21:05/新港中央広場~大さん橋ふ頭ビル~山下公園)を実施。
広場をゆったりと歩いて巡りながら、楽しむウォーキング・イルミネーションで、こちらも「NIGHT VIEWING」同様にヤマハの空間音響技術を利用し、360°音に包まれた臨場感あふれる演出を実現しています。

都心臨海部の観光スポットなど12ヶ所に設置された光のオブジェ「PORTAL」(ポータル)は、くぐり抜けると、音が鳴ったり光の強さが変化する仕掛けで、横浜の景色とともに写真撮影ができるフォトスポットにもなっています。

横浜駅〜大さん橋入口〜山下ふ頭には、ユニークな連節バスの「ベイサイドブルー」が、19時台まで運行しています。

取材・画像協力/横浜イルミネーション『ヨルノヨ』PR事務局

横浜イルミネーション『ヨルノヨ』
横浜イルミネーション『ヨルノヨ』
横浜イルミネーション『ヨルノヨ』|2022
開催日時 2022年11月24日(木)〜2023年1月3日(火)17:00~21:05
所在地 神奈川県横浜市中区新港1-5・海岸通1-1-4
場所 新港中央広場・横浜港大さん橋国際客船ターミナル
関連HP 横浜イルミネーション『ヨルノヨ』公式ホームページ
電車・バスで みなとみらい線日本大通り駅から徒歩7分。JR・横浜市営地下鉄関内駅から徒歩15分
ドライブで 首都高速横羽線横浜公園ランプから約1.2km
駐車場 横浜大さん橋駐車場(400台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ クリエイティブ・ライト・ヨコハマ実行委員会事務局 TEL:045-323-9952
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ベイサイドブルー

横浜に登場した、国産の連節バス「ベイサイドブルー」に注目!

令和2年7月23日、横浜駅前(東口バスターミナル)~山下ふ頭に運行を開始した異色の連節バスが「ベイサイドブルー」(BAYSIDE BLUE)。横浜駅から出発し、みなとみらいや山下エリア、中華街や赤レンガ倉庫といった、有名スポットにアクセスで

ベイサイドブルー

ベイサイドブルー

神奈川県横浜市、横浜駅前~山下ふ頭を結ぶ2連節のバスが、ベイサイドブルー。1時間に2便ほどが運行され、横浜湾岸エリアの貴重な足になっています。乗車方法は、前扉から乗車、中扉・後扉から降車する仕組み。モバイルSuicaや1日乗車券も利用

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ