岩手山「鷲」雪形

岩手山「鷲」雪形

南部富士と呼ばれる岩手山(岩手県八幡平市・滝沢市・雫石町)ですが、巌鷲山(がんじゅさん)という名があるように、春、雪解けとともに表岩手側から眺めると、山頂の岩肌が鷲の形(鷲の雪形)になることから、岩鷲山、転じて巌鷲山とも呼ばれていたのです。

農作業の開始を告げる鷲の雪形、雉の雪形

例年は4月上旬頃に現れる鷲の雪形。
岩手山の山頂に鷲の雪形現れると、田植えを開始するなど、農作業の目安になっていました。
盛岡市市街地からも眺めることができるので、4月に盛岡を訪ねたなら、ぜひ確認を。

八幡平市の地酒「鷲の尾」は、文政12年(1829年)創業の酒蔵「わしの尾」が醸していますが、巌鷲山の山麓の湧水を仕込みに使うこと、そして蔵元から眺める鷲の雪形から名付けられたと伝えられています。

岩手山の鷲の雪形は、岩肌が形を現す「ネガ型」の雪形ですが、残雪がキジに見える雉(きじ)の雪形も南面に出現します。
鷲の雪形、雉の雪形が現れると、岩手市民も「もう厳しい寒さの日は来ない」と、安心できるそうです。

岩手山
名称 岩手山/いわてさん
所在地 岩手県八幡平市松尾寄木・滝沢市上岩手山・岩手郡雫石町長山
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

岩手山

岩手県八幡平市、滝沢市、雫石町にまたがる岩手山は標高2038.0mでの成層火山で、岩手県の最高峰。山体の半分は富士山のような美しい成層火山の稜線を見せ、残りの半分は噴火によってできた複雑な複合火山となっており、その姿から「南部片富士」とも呼

鳥海山「種まきじいさん」雪形

鳥海山「種まきじいさん」雪形

山形県、秋田県の県境に位置する鳥海山(2236m)。鳥海山南麓、山形県酒田市、遊佐町(ゆざまち)などから眺めると、雪解けの山肌が種を撒く爺さんの姿に見える雪形が、種まきじいさん。例年4月下旬〜5月上旬から出現し、ちょうど農作業を始める頃なの

鳥海山「パンダ」雪形

鳥海山「パンダ」雪形

秋田県では秋田富士、山形県では出羽富士と呼ばれる鳥海山(2236m)。雪形としては鳥海山の南麓、山形県側からの「種まきじいさん」が有名ですが、近年、秋田県にかほ市から眺めると、パンダの雪形が出現すると話題になっています。雪形は例年5月下旬〜

吾妻小富士・雪うさぎ

吾妻小富士「雪うさぎ」(種まきうさぎ)雪形

福島市の西方にそびえる成層火山で妻連山の中核、吾妻小富士(1707m)。北東斜面に現れるのは「雪うさぎ」と通称される種まきうさぎ。雪解けとともにウサギの形に雪渓が残り、農業開始の指針とされてきたことから種まきうさぎとして親しまれています。近

岩木山「黒うさぎ」(竜の子)雪形

岩木山「黒うさぎ」(竜の子)雪形

津軽富士と呼ばれる青森県の最高峰、岩木山(1624.6m)。岩木山は「雪形の棲む山」として日本一と称賛したのは山岳写真家で、『山の紋章・雪形』の著者、田淵行男。雪解けで岩肌がウサギに見える「黒うさぎ」(竜の子)のほか、田淵行男は、合計24体

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ