一切経山

一切経山

福島県福島市と猪苗代町との境にある標高1949.1mの活火山が一切経山(いっさいきょうざん)。磐梯吾妻スカイラインの浄土平駐車場から酸ガ平分岐を経て一切経山へと登る登山道があり、比較的手軽に山頂に達することができますが、南山腹に大穴火口があるため、突発的な噴火が発生する可能性があります。

今なお噴煙を上げる活火山

一切経山山頂北側の五色沼は、悪魔の瞳、吾妻の瞳と称される神秘的な沼ですが、直径500mの火口湖。
一切経山山頂の南側にも登山道の西側に凹地が3ヶ所ありますが、いずれも火口の跡です。
大穴火口、燕沢周辺にも数カ所の火口があり、過去の火山爆発を物語っています。

大穴火口(八幡焼け)の噴火の記録としては、江戸時代の正徳元年(1711年)に噴火があったとされ、明治26年〜明治28年には大穴火口の西側の燕沢(つばくろさわ)で水蒸気爆発が起こり、地質調査所の職員2名が殉職しています。

浄土平駐車場から酸ガ平分岐(酸ヶ平避難小屋)を経て、一切経山へは徒歩1時間30分ですが(酸ガ平避難小屋からは火山荒原のガレ場登りが続きます)、帰路、酸ガ平分岐から鎌沼、姥ヶ原と周回して、1時間30分ほどなので、全行程3時間ほどの周回ルートが人気です(途中の休憩などを入れれば4時間〜5時間ほどは必要です)。

一切経山は山全体が火山荒原なので、植物観察などは期待できません。
花などが目的なら南の東吾妻山(1975.1m)へ。

ちなみに一切経山という仏教的な山名は、平安時代、安倍貞任(あべのさだとう=前九年の役で東北各地を転戦、その拠点としたのが現・岩手県奥州市の衣川柵)が仏門に入り、仏教経典すべてとなる経本1000巻を埋めたという伝承から。

一切経山
山頂から北側の五色沼を眼下に
一切経山
名称 一切経山/いっさいきょうざん
所在地 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山
関連HP 浄土山ビジターセンター公式ホームページ
電車・バスで JR福島駅西口から福島交通バス磐梯スカイライン経由浄土平行きで1時間10分、浄土平駐車場下車、徒歩1時間30分
ドライブで 東北自動車道福島西ICから磐梯吾妻スカイラインを経由して約30km。磐梯吾妻スカイライン通行期間は4月上旬〜11月中旬
駐車場 浄土平駐車場(200台/有料)
問い合わせ 浄土平ビジターセンター TEL:024-591-3600/FAX:024-591-3621
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

磐梯吾妻スカイライン

高湯温泉〜浄土平〜土湯峠を結び吾妻(あづま)山系を南北に縦断する全長28.7kmのドライブルートが、磐梯吾妻スカイライン(正式名は磐梯吾妻道路)。平均標高1350mという山岳ルートで、ヘアピンカーブが連続し、車窓の左右に絶景が展開する爽快な

浄土平

浄土平は磐梯吾妻スカイラインの中間地点で、標高1580mの平坦地。一切経山、吾妻小富士、桶沼(おけぬま)に囲まれた一帯は、一切経山の火山噴火により生成された火山荒原のなかに位置しています。磐梯吾妻スカイラインの最大の見どころで、浄土平ビジタ

吾妻小富士

吾妻山(あずまさん)は、山形・福島県境にまたがる火山群の総称。南北10kmほどのなかに、最高峰・西吾妻山を筆頭に、西大嶺(にしだいてん)、東吾妻山、一切経山、吾妻小富士(あづまこふじ)などの峰々が連なっています。なかでも吾妻小富士は標高17

五色沼(魔女の瞳)

五色沼(魔女の瞳)

福島県福島市、吾妻連峰(東吾妻火山群)で今も噴気を上げる一切経山(いっさいきょうざん/1949.1m)と家形山(1877m)の間にある直径500mほどの火口に水が溜まったのが五色沼。その神秘的な雰囲気から魔女の瞳、あるいは吾妻の瞳とも称され

鎌沼

鎌沼

福島県福島市、磐梯吾妻スカイラインの浄土平駐車場(標高1580m)から西へ一切経山の登山道を歩き、酸ガ平湿原を抜けた先にあるのが鎌沼(標高1760m)。浄土平駐車場から徒歩1時間ほどで到達できますが、火山活動に留意しての行動が必要です。東吾




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ