吾妻小富士

吾妻山(あずまさん)は、山形・福島県境にまたがる火山群の総称。南北10kmほどのなかに、最高峰・西吾妻山を筆頭に、西大嶺(にしだいてん)、東吾妻山、一切経山、吾妻小富士(あづまこふじ)などの峰々が連なっています。なかでも吾妻小富士は標高1707mの美しいコニーデ型火山で、浄土平駐車場から手軽に登ることができます。

空に向かって火口が開くコニーデ型火山

吾妻小富士の巨大な火口
お鉢めぐりも楽しめる

吾妻小富士へは、磐梯吾妻スカイライン沿いの浄土平駐車場から続く登山道を10分ほど登れば火口壁まで到達できます。

頂上には直径400mの火口が広がり、浄土平一帯の景色を眼下にできます。
時計回りに火口壁を一周しても所要1時間ほどで駐車場に戻ることが可能。

東吾妻山、一切経山、吾妻小富士などからなる東吾妻火山ですが、30万年前から開始された一切経山の火山活動で、浄土平付近を火口底とする山体崩壊が発生。
東側に開けた直径2kmのカルデラが誕生しました。
吾妻小富士ができたのは4900前~7700年前にくらいと推測されています。

一切経山の大穴火口の噴気活動が活発化すると入山規制などが行なわれる可能性があります。
念のため、最新の噴火警戒レベルを確認してから入山しましょう。

浄土平と一切経山方面を眺望
吾妻小富士の「雪うさぎ」
吾妻小富士の誕生は比較的新しく約5000~6000年前のこと。
山麓の福島市からは春には吾妻小富士の山膚に白くウサギの雪形が現れ、「雪うさぎ」(種まきうさぎ)が種まきの時期を知らせる目安になっているのだとか。
4月下旬頃に現れますが、近年、雪が少ない年には3月末に現れることも。


吾妻小富士 DATA

名称 吾妻小富士/あづまこふじ
所在地 福島県福島市土湯温泉町鷺鞍山浄土平
関連HP 浄土平ビジターセンター公式ホームページ
電車・バスで JR福島駅西口から福島交通バス磐梯スカイライン経由浄土平行きで1時間10分、浄土平駐車場下車、徒歩15分
ドライブで 東北自動車道福島西ICから磐梯吾妻スカイラインを経由して約30km。磐梯吾妻スカイライン通行期間は4月上旬〜11月中旬
駐車場 浄土平駐車場(200台/有料)
問い合わせ 浄土平ビジターセンター TEL:024-591-3600/FAX:024-591-3621
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
浄土平レストハウス

浄土平レストハウス

2021年10月18日
浄土平ビジターセンター

浄土平ビジターセンター

2021年10月17日
鎌沼

鎌沼

2021年6月2日
吾妻小富士・雪うさぎ

吾妻小富士「雪うさぎ」(種まきうさぎ)雪形

2021年6月2日
一切経山

一切経山

2021年6月1日

浄土平

2017年7月29日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ