毛馬内の盆踊り

毛馬内の盆踊り

毎年8月21日〜23日に秋田県鹿角市十和田毛馬内で篝火を囲んで優雅に舞われる『毛馬内の盆踊り』(けまないのぼんおどり)。国の重要無形民俗文化財に指定される盆踊りで、羽後町の西馬音内の盆踊(にしもないのぼんおどり)、八郎潟町の一日市の盆踊(ひといちのぼんおどり)と合わせて、「秋田県の三大盆踊り」にも数えられています。

城下町・毛馬内に伝わる風流な盆踊り

毛馬内の盆踊り

大太鼓と笛の囃子で踊る「大の坂」と、無伴奏の唄のみで踊る「甚句」とで構成されています。

「大の坂」は、京の念仏踊りの流れをくむという説もあり、昭和初期までは唄が付いていましたが、唄い手が途絶え、現在は太鼓と笛の囃子だけで踊っています。
「甚句」は戦国時代に合戦から戻った将兵をねぎらうために始まったものと伝えら、甚句踊で唄われている唄は、60種類以上もあります。

踊り手衣装は、男性は着物に水色のケダシ(裾除け)、女性は留袖(とめそで)、訪問着などにとき色のケダシ、さらに男女とも手拭い(豆しぼり)で頬被りをするのが特徴です。

城下町、毛馬内
慶長2年(1597年)〜慶長12年(1607年)にかけて南部藩の出先機関である柏崎館が築かれ、以降、城下町として発展した毛馬内。
毛馬内城代が居住し、城下町が形成されていました。
毎月3の日と8の日には定期市(鹿角市定期市場)が開かれるなど、城下町の佇まいだけでなく、文化をも残しています。

毛馬内の盆踊り DATA

毛馬内の盆踊り
開催日 8月21日〜23日
時間 18:30~21:30
関連HP 毛馬内の盆踊り公式ホームページ
所在地 秋田県鹿角市十和田毛馬内毛馬内/td>
電車・バスで JR十和田南駅から徒歩30分
ドライブで 東北自動車道十和田ICから約2km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 毛馬内盆踊り振興会 TEL:0186-30-3939
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

西馬音内盆踊り

2018.08.03

花輪ばやし

2018.08.02

花輪ねぷた

2018.08.02

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ