萬翠荘

愛媛県松山市にある松山城(城山)の南麓に建つ洋館が萬翠荘(ばんすいそう)。大正11年、旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨(ひさまつさだこと/伯爵)が別邸として建てたフランス・ルネッサンス風の建物。設計は、愛媛県庁舎などをも手掛けた建築家・木子七郎(きごしちろう)です。国の重要文化財に指定。

フランス通の久松定謨が建てた豪華な別邸

久松定謨は、陸軍駐在武官としてフランス生活が長く、陸軍きってのフランス通。
その久松公の趣味を随所に取り入れた建物は、彫刻を施したチークの階段、木内真太郎の制作のステンドグラス、華麗な意匠を凝らしたシャンデリアや大理石で造られたマントルピース(暖炉)など、各界の名士が集まる社交場だった往時の姿を偲ばせています。
玄関の床は大理石、玄関ホールの柱は岡山産の万成石という豪華さで、松山で最も古い鉄筋コンクリート造り。

萬翠荘と命名したのは、久松定謨の子・久松定武(ひさまつさだたけ=愛媛県知事時代、ポンジュースの名付け親となりました)。

完成直後の大正11年11月22日〜24日には、皇太子(後の昭和天皇)が滞在しているほか、皇室の滞在にも使われています。

戦後は、松山商工会議所、松山家庭裁判所、愛媛県立郷土芸術館、愛媛県立美術館分館などとして使われてきましたが、現在は往時の姿に再生され、一般公開されています。

建築家・木子七郎設計の建物は、松山市に数多く現存し、旧久松伯爵本邸(現・萬翠荘)のほかに、石崎汽船旧本社屋(大正13年)、愛媛県庁舎(昭和4年)、鍵谷カナ頌功堂(かぎやかなしょうこうどう/鍵谷カナは伊予絣の創設者、登録有形文化財、昭和4年)があります。

萬翠荘
名称 萬翠荘/ばんすいろう
所在地 愛媛県松山市一番町3-3-7
関連HP 萬翠荘公式ホームページ
電車・バスで 伊予鉄道大街道駅から徒歩3分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約6km
駐車場 20台/無料(土・日曜、祝日は車輌通行制限を行なう場合あり)
問い合わせ TEL:089-921-3711
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
石崎汽船旧本社

石崎汽船旧本社

愛媛県松山市に本社を置く石崎汽船は、文久2年(1862年)、新浜村(現・松山市高浜)の庄兵衛が廻船業を興したのが始まりという歴史ある海運会社。三津浜港(みつはまこう)に面した海岸通りに建つ石崎汽船旧本社は大正13年築で国の登録有形文化財。石

愛媛県庁舎本館

愛媛県庁舎本館

愛媛県松山市にある重厚でレトロな建物が愛媛県庁舎本館。昭和4年完成の本館の設計は旧久松伯爵本邸(現・萬翠荘)と同じ、建築家・木子七郎(きご しちろう)。正面玄関の車寄せと1階部分は御影石(みかげいし)張りで、その他の外壁はすべて人造石洗い出

鍵谷カナ頌功堂

鍵谷カナ頌功堂

愛媛県松山市西垣生町にある伊予絣創始者の鍵谷カナの功績を讃え伊予織物同業組合が建設した建物が鍵谷カナ頌功堂(かぎやかなしょうこうどう)。愛媛県庁舎本館、旧久松伯爵本邸(現・萬翠荘)と同じ、建築家・木子七郎(きご しちろう)の設計で、愛媛県庁

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ