松山観光港ターミナル

松山観光港ターミナル

愛媛県松山市にある、松山の玄関港のターミナルが松山観光港ターミナル。呉・広島へのスーパージェットとフェリー(石崎汽船、瀬戸内海汽船の共同運航、フェリーは自由席)、小倉への夜行便の松山・小倉フェリー(特等船室も完備/石崎グループ)、中島方面への中島汽船のフェリーが出航する桟橋があります。

呉・広島、小倉へのフェリーと高速船が発着

ターミナルビルの1階には、松山観光港名産店、松山観光港土産品店も入り、タルトやじゃこ天、坊っちゃん団子などを販売。
店によって取り扱うメーカーが異なるので、ハシゴもおすすめ。

ターミナル1階の海側はボードウォーク、2階は展望デッキで、夜は夜景もなかなかきれい。

松山観光港ターミナル
松山観光港ターミナル
名称 松山観光港ターミナル/まつやまかんこうこうたーみなる
所在地 愛媛県松山市高浜5-2259-1
関連HP 松山観光港ターミナル公式ホームページ
電車・バスで 伊予鉄高浜駅から徒歩15分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約16km
駐車場 松山観光港ターミナル駐車場(266台/有料)、フェリー利用者は専用駐車場あり
問い合わせ TEL:089-967-6667/FAX:089-967-6668
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三津の渡し

三津の渡し

愛媛県松山市、三津浜(みつはま)港内の市営渡船が三津の渡しで、松山市道高浜2号線の扱い。三津と港山の80mを結び、三津側では「洲崎の渡し」、港山側では「古深里(こぶかり)の渡し」と呼ばれています。15世紀に港山城の物資輸送に渡船が使われ始め

四十島(ターナー島)

四十島(ターナー島)

愛媛県松山市、松山観光港の沖500mに浮かぶ大小3つの岩が連なる小島で国の登録記念物に指定されるのが四十島(ターナー島)。正式名は四十島(しじゅうしま)ですが、夏目漱石の小説『坊っちゃん』で、登場人物の野だいこがターナー島と名付けていること

呉中央桟橋ターミナル

呉中央桟橋ターミナル

広島県呉市、広島湾の東側入口、瀬戸内海のほぼ中央に位置する呉港にある中央桟橋は、江田島、松山、広島と結ぶフェリーや高速船が発着。JR呉駅から自由通路でアクセスできる立地で、呉中央桟橋ターミナルとなる建物は、青銅色のドーム屋根が印象的な5階建

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ