松山城・仕切門

松山城の本壇(天守曲輪)、大天守北側に隣接する門が仕切門。北側の石垣の上には仕切門内塀が配されています。本壇内庭の北側の防備を固める高麗門で、天神櫓前の本壇広場に対する防備も担っています。ここを突破すると内庭(天守広場)の入口となり、北隅櫓、玄関多聞櫓、内門となります。

大天守北側に隣接する門

仕切門をくぐると内部は枡形に

内門(内庭入口)との間の小さな広場は桝形になっています。
ここに入った敵軍は、東の天守をはじめ、内門上の渡り櫓とその西の玄関多聞櫓からの一斉射撃で撃退する仕組みです。

大天守への玄関(玄関多聞櫓)は内庭(天守広場)の北面に位置しています。
内門を入ると中庭で筋鉄門(すじがねもん)からのルートと合流。

仕切門、仕切門内塀ともに嘉永年間(1848年~1853年)の再建と推測され、国の重要文化財に指定されています。

松山城本壇MAP

松山城・仕切門 DATA

名称 松山城・仕切門/まつやまじょう・しきりもん
所在地 愛媛県松山市丸之内1
関連HP 松山市城山公園ホームページ
電車・バスで JR松山駅から道後温泉行き伊予鉄道市内電車で10分、大街道下車、徒歩5分
ドライブで 松山自動車道松山ICから約6km
駐車場 松山城駐車場(20台/有料)・松山市役所前地下駐車場(290台/有料)
問い合わせ 松山城総合事務所TEL:089-921-4873
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本100名城 四国9城

2018.05.31

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ