信玄塚

信玄塚

愛知県新城市、新城市設楽原歴史資料館近くにある塚。信玄塚と名が付いてはいますが、天正3年5月21日(1575年6月29日)の長篠・設楽原の戦い(長篠の戦い)の時にはすでに武田信玄は亡くなっています。信玄原(武田軍主陣地)の塚で信玄塚と呼ばれていますが、塚は長篠・設楽原の戦いの戦没者を村人が葬ったもの。

実は長篠の戦いの戦没者を埋葬した塚

大塚と小塚の2つの塚があり、大塚は戦死者1万という武田方で、小塚は6000人の織田・徳川方とも伝わっていますが定かでありません。

ちなみに武田信玄は野田城攻略後に持病が悪化し、元亀4年4月12日(1573年5月13日)、軍を甲斐に引き戻す途中、三河街道上の信濃国駒場(長野県下伊那郡阿智村)で没したとされ(没地については諸説あります)、長篠の戦いはその2年後のこと。

名称 信玄塚/しんげんづか
所在地 愛知県新城市竹広信玄原552
関連HP 新城市公式ホームページ
電車・バスで JR飯田線三河東郷駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新城ICから約2km
駐車場 新城市設楽原歴史資料館駐車場(100台/無料)
問い合わせ 新城市設楽原歴史資料館 TEL:0536-22-0673
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
新城市設楽原歴史資料館

新城市設楽原歴史資料館

愛知県新城市、長篠の戦いの設楽原決戦の地近くにのが新城市設楽原歴史資料館。織田・徳川連合軍が鉄砲3000丁、馬防柵を準備して武田の騎馬隊を退けたとされる「長篠・設楽原の戦い」と幕末の日米修好通商条約調印の立役者である岩瀬忠震(いわせただなり

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ