新城市設楽原歴史資料館

新城市設楽原歴史資料館

愛知県新城市、長篠の戦いの設楽原決戦の地近くにのが新城市設楽原歴史資料館。織田・徳川連合軍が鉄砲3000丁、馬防柵を準備して武田の騎馬隊を退けたとされる「長篠・設楽原の戦い」と幕末の日米修好通商条約調印の立役者である岩瀬忠震(いわせただなり)を解説するミュージアムです。

長篠・設楽原の戦い、岩瀬忠震が二大テーマ

館内は、 設楽原の戦い(『鳥居強右衛門磔図』、設楽原から出土した鉄砲玉などで激戦を紹介)、火縄銃、岩瀬忠震、火おんどり、企画展示という5つのコーナーに分かれています。
注目は長篠の戦いで大活躍したという火縄銃。
資料館が所蔵、展示している火縄銃、古式銃はその質、量ともに日本一の規模を誇っているのです。

もうひとつのテーマ、岩瀬忠震は設楽領主・設楽市左衛門貞丈(旗本)の三男で、22歳で旗本岩瀬忠正の養嗣子に。
幕末の嘉永7年(1854年)、老中首座・阿部正弘(あべまさひろ)にその才能を見出されて目付となり、翌年、日露和親条約修正交渉全権を命ぜられています。
安政3年(1856年)、そして安政5年(1858年)にはタウンゼント・ハリス(Townsend Harris)と会談し、安政5年6月19日(1858年7月29日)、日米修好通商条約に神奈川沖に停泊するUSS ポーハタン号上で調印。
長篠城の本丸跡に建つ長篠城址史跡保存館との共通券があるのでハシゴをすれば理解が深まるはず。

名称 新城市設楽原歴史資料館/しんしろししたらがはられきししりょうかん
所在地 愛知県新城市竹広信玄原552
関連HP 新城市公式ホームページ
電車・バスで JR飯田線三河東郷駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新城ICから約2km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 新城市設楽原歴史資料館 TEL:0536-22-0673
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

長篠城址史跡保存館

長篠城は、豊川(寒狭川)と宇連川(三輪川)の合流地点に位置し、ふたつの川を堀に見立てた天然の要害。「長篠城址史跡保存館」は、国指定史跡の長篠城本丸跡脇に建つ城を模した博物館で、戦国時代の武具や出土品を収蔵展示しています。「長篠の攻防」に関す

長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

愛知県新城市、長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)にある、決戦の際に弾正山( だんじょうやま )に構えた徳川家康本陣跡。武田軍に包囲され籠城した長篠城を救援するため徳川家康は設楽原に出陣し、弾正山に陣を構えています。弾正山は

長篠設楽原古戦場・馬防柵再現地

長篠設楽原古戦場・馬防柵再現地

現在の愛知県新城市を舞台にした長篠の合戦の激戦地、長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)。武田軍のは精鋭の騎馬隊を誇りましたが、織田・徳川連合軍は、設楽原中央を流れる連吾川の西岸に馬防柵を2kmに渡って築き、武田騎馬隊の侵入を

信玄塚

信玄塚

愛知県新城市、新城市設楽原歴史資料館近くにある塚。信玄塚と名が付いてはいますが、天正3年5月21日(1575年6月29日)の長篠・設楽原の戦い(長篠の戦い)の時にはすでに武田信玄は亡くなっています。信玄原(武田軍主陣地)の塚で信玄塚と呼ばれ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ