長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

愛知県新城市、長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)にある、決戦の際に弾正山( だんじょうやま )に構えた徳川家康本陣跡。武田軍に包囲され籠城した長篠城を救援するため徳川家康は設楽原に出陣し、弾正山に陣を構えています。弾正山は、現在の東郷中学校の脇の丘で、八剱神社(やつるぎじんじゃ)が鎮座。

背水の陣を敷いた家康が本陣を構えた地

天正3年5月18日(1575年6月26日)、徳川家康は決戦を前に弾正山本陣を構えます。
徳川家康と佐久間信盛(さくまのぶもり=織田信長の家臣)が最前線に陣を構え、その背後に羽柴秀吉、織田信長(本陣)、岡崎信康(家康の長男)、織田信忠という陣構えとなりました。

対峙する武田軍は前線に武田四天王の馬場信房(ばばのぶふさ)、内藤昌豊(ないとうまさとよ)、山県昌景(やまがたまさかげ)が布陣し、その背後に武田勝頼が本陣を置いています。

徳川家康が本陣を構えた弾正山は、決戦の地・連吾川(れんごがわ=武田軍と織田・徳川連合軍の間に流れていた川)へはわずか300mほど。
家康の立場がよくわかる状況です。

連吾川には2kmにわたり馬防柵が設けられ、さらに弾正山背後の大宮川にも一重柵(馬防柵)が設けられていたので、まさに家康は背水の陣だったことがよくわかります。

ちなみに家康家臣で「鬼作左」と恐れられた本多作左衛門重次が「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」(原文は一筆申す 火の用心 お仙痩さすな 馬肥やせ かしく)と記したのはこの陣中。
お仙とは嫡男・仙千代で、後に丸岡初代藩主となる本多成重のことです。

天正3年5月21日(1575年6月29日)、徳川家康は戦況を見極めるために武田軍が一望できる八剣山の「家康物見塚」に移り、いよいよ合戦の火蓋が切られるのです。
その「家康物見塚」は家康本陣跡の北東400mに位置しています。

名称 長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡/ながしのしたらがはらこせんじょう・とくがわいえやすほんじんあと
所在地 愛知県新城市竹広(八剱神社)
関連HP 新城市公式ホームページ
電車・バスで JR飯田線三河東郷駅から徒歩15分
ドライブで 新東名高速道路新城ICから約2km
駐車場 新城市設楽原歴史資料館駐車場(100台/無料)を利用
問い合わせ 新城市設楽原歴史資料館 TEL:0536-22-0673
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

長篠城址

長篠城は、今川氏親の家臣、菅沼元成が1508(永正5)年に築いた城。1575(天正3)年の長篠の戦いで、時の城主・奥平貞昌(おくだいらさだまさ=奥平信昌)がわずか500の兵で籠城し、1万5000という大軍を擁した武田勝頼の猛攻を凌ぎ、織田・

長篠城址史跡保存館

長篠城は、豊川(寒狭川)と宇連川(三輪川)の合流地点に位置し、ふたつの川を堀に見立てた天然の要害。「長篠城址史跡保存館」は、国指定史跡の長篠城本丸跡脇に建つ城を模した博物館で、戦国時代の武具や出土品を収蔵展示しています。「長篠の攻防」に関す

長篠設楽原古戦場・馬防柵再現地

長篠設楽原古戦場・馬防柵再現地

現在の愛知県新城市を舞台にした長篠の合戦の激戦地、長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)。武田軍のは精鋭の騎馬隊を誇りましたが、織田・徳川連合軍は、設楽原中央を流れる連吾川の西岸に馬防柵を2kmに渡って築き、武田騎馬隊の侵入を

長篠設楽原古戦場・織田信長戦地本陣跡

長篠設楽原古戦場・織田信長戦地本陣跡

武田家滅亡の始まりともいえる長篠の戦い。愛知県新城市、新東名高速道路・長篠設楽原パーキングエリア近くの茶臼山(ちゃうすやま)にあるのが長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)の織田信長戦地本陣跡。織田信長は長篠に布陣してから陣を

鳥居強右衛門磔死之碑

鳥居強右衛門磔死之碑

愛知県新城市、長篠城(ながしのじょう)を眼前にする有海原の篠場野に立つ碑が鳥居強右衛門磔死之碑(とりいすねえもんたくしのひ)。長篠の戦いの際、徳川家康(岡崎城)への救援要請という重要な使命を負って豊川を泳ぎ下って長篠城の包囲網突破に成功した

新城市設楽原歴史資料館

新城市設楽原歴史資料館

愛知県新城市、長篠の戦いの設楽原決戦の地近くにのが新城市設楽原歴史資料館。織田・徳川連合軍が鉄砲3000丁、馬防柵を準備して武田の騎馬隊を退けたとされる「長篠・設楽原の戦い」と幕末の日米修好通商条約調印の立役者である岩瀬忠震(いわせただなり

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ