岡山城

岡山城

池田氏岡山藩31万5000石の居城で藩政時代、岡山藩の藩庁が岡山城。天正元年(1573年)、宇喜多秀家の父・宇喜多直家がそれまでの居城である亀山城(沼城)から石山城(岡山城)に入城。西国街道を城下に入れ、城下町を整備したのが始まり。その後、宇喜多秀家が城郭を拡大、近世城郭に整備しています。日本100名城に選定。

江戸時代には岡山藩池田家の藩庁に

岡山城

岡山後楽園から天守を眺望

岡山城

昭和41年再建の天守。この姿から烏城(うじょう)の名が

宇喜多秀家は、天正18年〜慶長2年(1590年〜1597年)に岡山に本丸を構え、石山城の本丸を二の丸内郭に、それまでの二の丸を西之の丸に直し、二の丸、その西に三の丸を整備しています。

慶長5年(1600年)、天下分け目の関ヶ原の合戦で豊臣方に付いた宇喜多秀家は八丈島に流刑となり、代わって小早川秀秋が備前・美作52万石の領主として入城、三の丸の外側に外堀(20日間の突貫工事で築いたため二十日堀と呼ばれています)を掘って城下町を拡大しています。

小早川秀秋は、慶長7年(1602年)10月に急死し、嗣子(しし=跡取り)がなく小早川家は断絶。

慶長8年(1603年)、池田忠継(池田輝政の次男)が藩主となりますが幼少のため兄の池田利隆が治世し、慶長18年(1613年)、忠継は岡山城に入城するも慶長20年(1615年)に夭逝。

元和元年(1615年)、池田忠継の弟・池田忠雄が淡路島から入城し、本丸に表書院を設けるなど格式に合わせた拡充を行ない、岡山城の縄張りが完成しています。

寛永9年(1632年)、池田忠雄の子・池田光仲が鳥取藩へ転封し、入れ代わって鳥取藩から池田光政が入城し、以降明治維新に至るまで光政系池田家の居城となりました。

光政の子・池田綱政は後楽園(日本三名園)を築庭しています。

岡山城
岡山城

天守は戦後の復元ですが月見櫓は往時のままに現存

岡山城

月見櫓(重要文化財)

岡山城

不明門(復元)

黒い下見板張りの外観から「烏城」の別名ももつ平城で、宇喜多秀家が旭川の流れを変えて本丸の北面から東面を巡らせ、天然の堀の役割をもたせています。
本丸一帯は烏城公園(うじょうこうえん)として整備され、後楽園とともに日本の歴史公園100選に選定されています。

宇喜多秀家が築いた3層6重の天守は、関ヶ原以前の様式を伝える貴重な遺構でしたが、昭和20年6月29日、米空軍による岡山大空襲で焼失しています。
現在の天守は、昭和41年に宇喜多秀家時代をイメージして再建されたコンクリート製の復興天守です。
平成8年、築城400年を機に創建当時の金箔の瓦と鯱が再現され、内部は郷土資料館と5、6階は展望台になっています。

第4代城主・池田忠雄築造の楼閣風の隅櫓は「月見櫓」と呼ばれ、創建当時の姿を今に伝え、国の重要文化財に指定。

初代藩主となった池田忠継(城主になった際にはまだ5歳)を代行した兄・池田利隆が、二の丸の西側の防備に設けた隅櫓「西の丸西手櫓」も現存。
ただし、旧西の丸は烏城公園の外、旧内山下小学校(丸の内1-2)に位置しているので、ご注意を。

往時には32棟の堅牢な城門で守られていましたが、不明門、廊下門、六十一雁木上門のみ復元されています。
石垣も本丸本段に残る築城時(戦国時代)の野面積(のづらづみ)、江戸時代初頭の打込ハギ(うちこみはぎ)、その後の切込ハギ(きりこみはぎ)と、時代による変遷がわかるという楽しみがあります。
豊臣時代の城が、江戸時代に改修を重ねて使われた結果で、全国的にも貴重な存在です。

掘割も、本丸、侍屋敷町の二の丸を囲む二重の内堀、その西外側の城下町を分ける中堀、さらに外堀(二十日堀)がありましたが、現存するのは内堀の一部だけとなっています。

岡山城

六十一雁木上門(復元)

岡山城

天守礎石(移築)

岡山城 DATA

名称 岡山城/おかやまじょう
所在地 岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
関連HP 岡山城公式サイト
電車・バスで JR岡山駅から岡山電気軌道(路面電車)東山線で5分、城下駅下車、徒歩10分
ドライブで 山陽自動車道岡山ICから約9km
駐車場 烏城公園駐車場(54台/有料)
問い合わせ 岡山城事務所 TEL:086-225-2096/FAX:086-225-2097
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本100名城 中国13城

2018.05.30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ