徳川家康ゆかりの合戦 9選

徳川家康ゆかりの合戦

徳川家康が参戦した最初の大規模な合戦は、桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)。「どうする家康」と窮地に立たされたことも何度もありながら、ついに天下人となるまでの、9ヶ所の激戦地(古戦場)を、現地の詳細情報をサイト内リンクしながら年代順に紹介します。

桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)|愛知県名古屋市・豊明市

所在地:愛知県豊明市栄町、名古屋市緑区桶狭間北3
合戦の年月日:永禄3年5月19日(1560年6月12日)
おもな敵対関係:織田信長軍VS今川義元軍
内容:2万5000の兵をもって2000の織田軍に敗れ、首を討ち取られた今川義元の墓周辺は小さな公園として整備されています(愛知県豊明市)
豊明市側の桶狭間古戦場(桶狭間古戦場伝説地)と、名古屋市緑区側の桶狭間古戦場公園があり、一帯が桶狭間の戦いの地
松平元康(徳川家康)は、先鋒隊として大高城に物資を届け、そのまま城主として残り、織田軍に包囲されて窮地に立ちますが、今川義元が討たれたため、岡崎城に逃げています(結果として今川家の人質から離脱)
NHK大河ドラマ『どうする家康』の第1回は、「どうする桶狭間」で、敵軍包囲の大高城でどうするのかがテーマに

桶狭間古戦場(桶狭間古戦場伝説地)

1560(永禄3)年5月19日、小勢の織田信長が今川義元の大軍を破った古戦場で国の史跡。桶狭間(おけはざま)は、東海道では池鯉鮒(知立)宿と有松宿の間に位置しますが、両軍とも東海道を通ってはいません。桶狭間古戦場の正確な場所は愛知県豊明市と

桶狭間古戦場公園

桶狭間古戦場公園

永禄3年5月19日(1560年6月12日)、織田信長が今川義元を討ったとされる桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)が行なわれた桶狭間古戦場は豊明市から名古屋市緑区にかけての一帯ですが、桶狭間の戦いの決戦の地というのは特定されていません。名古

姉川の戦い|滋賀県長浜市

所在地:滋賀県長浜市野村町
合戦の年月日:元亀元年6月28日(1570年7月30日)
おもな敵対関係:織田・徳川連合軍VS浅井・朝倉連合軍
内容:尾張・美濃を従えた織田信長の近江侵攻で、近江の浅井長政(妹・お市の方は信長と政略結婚)、越前の朝倉義景と緊張関係になり、ついに姉川で激突
徳川家康は信長と清洲同盟を結んで、同盟関係にあったため、出陣し、竜ヶ鼻に布陣

姉川古戦場

姉川古戦場

滋賀県長浜市南部を流れる姉川の野村橋一帯は、その川が血で染まったという激戦の地、姉川古戦場。織田信長の京・上洛途中にある小谷城の城主・浅井長政(あざいながまさ)は、織田家と盟友関係にありましたが、織田軍の朝倉攻めに際して、信長に反旗を翻し、

二俣城の戦い|静岡県浜松市

所在地:静岡県浜松市天竜区二俣町二俣
合戦の年月日:元亀3年10月16日(1572年11月21日)
おもな敵対関係:徳川家康軍VS武田信玄軍
内容:遠州二俣は信濃国(長野県)側から見れば遠州の入口で、舟運の拠点となる場所で、浜松城と高天神城(たかてんじんじょう/現・掛川市)のちょうど中間地点に位置する二俣城は、家康と遠州侵攻を目指す信玄の攻防の地
天竜川に大量の筏(いかだ)を流して水の手櫓を破壊し、ついに二俣城を落城し、降伏・開城、徳川家康は二俣城を失い、信玄の西進を許すことに

二俣城

二俣城

静岡県浜松市天竜区二俣町、天竜川と二俣川に挟まれた文字通りの二俣の要害に建つ中世の山城が二俣城。遠州二俣は信濃国(長野県)側から見れば遠州の入口で、舟運の拠点となる場所。戦国時代の初め、平地に笹岡古城を今川氏が築いたのが最初で、今川氏の家臣

三方ヶ原の戦い|静岡県浜松市

所在地:静岡県浜松市北区根洗町784三方原墓園
合戦の年月日:元亀3年12月22日(1573年1月25日)
おもな敵対関係:徳川家康軍VS武田信玄軍
内容:西進・上洛を目ざす武田信玄軍2万7000と阻止しようとする徳川家康軍1万1000(うち信長軍3000)が浜松にある三方ヶ原台地で激突
家康軍(鶴翼の陣)は、武田軍は魚鱗の陣に対してわずか2時間の戦闘で歴史的大敗を喫し、浜松城に逃げ帰る途中、家康は馬上で脱糞したと伝えられるほど
顰像(しかみぞう)と呼ばれる似顔絵を描かせて終生、この敗戦を戒めにしたというのは俗説で、正しくありません

三方ヶ原古戦場(三方ヶ原古戦場碑)

三方ヶ原(みかたがはら)は、浜松にある台地。上洛を目ざす武田信玄軍2万7000と阻止しようとする徳川家康軍1万1000(うち信長軍3000)が浜松にある三方ヶ原台地で激突したのが1572(元亀3)年の三方ヶ原の戦い。徳川家康が命からがら浜松

長篠の戦い|愛知県新城市

所在地:愛知県新城市
合戦の年月日:天正3年5月21日(1575年6月29日)
おもな敵対関係:徳川・織田連合軍VS武田勝頼軍
内容:武田信玄の遺志を継いだ武田勝頼は、三河に侵攻し、長篠城を包囲
武田軍に包囲され籠城した長篠城を救援するため徳川家康は設楽原に出陣し、弾正山に陣を構えています
徳川・織田連合軍は武田の騎馬隊に対し馬防柵を設置し、その背後に鉄砲隊を並べて抗戦したと伝えられています
鳥居強右衛門(とりいすねえもん)も武勇でも有名な合戦です

長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

長篠設楽原古戦場・徳川家康本陣跡

愛知県新城市、長篠設楽原古戦場(ながしのしたらがはらこせんじょう)にある、決戦の際に弾正山( だんじょうやま )に構えた徳川家康本陣跡。武田軍に包囲され籠城した長篠城を救援するため徳川家康は設楽原に出陣し、弾正山に陣を構えています。弾正山は

鳥居強右衛門磔死之碑

鳥居強右衛門磔死之碑

愛知県新城市、長篠城(ながしのじょう)を眼前にする有海原の篠場野に立つ碑が鳥居強右衛門磔死之碑(とりいすねえもんたくしのひ)。長篠の戦いの際、徳川家康(岡崎城)への救援要請という重要な使命を負って豊川を泳ぎ下って長篠城の包囲網突破に成功した

高天神城の戦い

所在地:静岡県掛川市上土方嶺向・下土方
合戦の年:第一次=天正2年(1574年)、第二次=天正8年(1580年)
おもな敵対関係:徳川家康VS武田信玄・武田勝頼
内容:「高天神を制するものは遠州を制す」といわれた重要な決戦
第一次高天神城の戦いで、高天神城を失い、三方ヶ原の戦いで手痛い敗北をした徳川家康ですが、長篠の戦いで武田勝頼が退いたため、高天神城を奪回します

高天神城の戦い

高天神城の戦い

静岡県掛川市の高天神城を主戦場に、遠州進出し、上洛を狙う武田信玄、武田勝頼と徳川家康(その背後に織田信長)との間での二度に渡る激戦が、高天神城の戦い。高天神城を攻略するために、武田勝頼は諏訪原城、徳川家康が横須賀城を築くというほど重要な立地

小牧・長久手の戦い|愛知県長久手市、小牧市、日進市など

所在地:愛知県長久手市、小牧市、日進市など
合戦の年:天正12年(1584年)
おもな敵対関係:徳川家康・織田信雄VS羽柴秀吉(豊臣秀吉)・羽柴秀次
内容:織田信長が本能寺で討たれ、羽柴秀吉が後継として台頭して以降の徳川家康との覇権争い
家康は清州城に入った後、小牧山城に本陣を移し、秀吉は犬山に布陣
その後、羽柴秀次軍の動きを見て、家康は小幡城に移動するなど、
長久手合戦では家康軍が勝利を収め、秀吉軍には多数の戦死者が出ています
岩崎城の戦いなど、半年ほど小競り合いが続いた後、織田信雄が講和を受け入れ、家康軍は退却します

長久手古戦場公園

長久手古戦場公園

織田信長の死後、羽柴秀吉と徳川家康が覇権を争って戦った小牧・長久手の戦いの主戦場・長久手古戦場仏ヶ根跡を公園として整備したのが長久手古戦場公園。長久手合戦では家康軍が勝利を収め、秀吉軍には多数の戦死者(両軍の死者は秀吉軍2500人、家康軍5

史跡小牧山

濃尾平野の東部にある標高85.9mの独立峰が小牧山。織田信長は1563(永禄6)年に小牧山城を築城し、清洲から居城を移していますが、4年後に美濃の斎藤道三(さいとうどうざん=斎藤龍興)を攻略して稲葉山城(岐阜)へ移り、短い間で小牧山城は廃城

岩崎城跡(岩崎城歴史記念館)

岩崎城は尾張国の東端を守る信長の父・織田信秀が築城した織田氏の支城。その後丹羽氏の居城となり、羽柴秀吉と徳川家康・織田信雄(信長の二男)の連合軍が戦う小牧・長久手の戦いの激戦地となっています。模擬天守は、岩崎城歴史記念館で、往時に天守はなか

関ヶ原の戦い|岐阜県関ケ原町

所在地:岐阜県不破郡関ケ原町
合戦の年:慶長5年9月15日(1600年10月21日)
おもな敵対関係:徳川家康(東軍総大将)VS石田三成(西軍総大将・毛利輝元)
内容:徳川方と、豊臣方の天下をかけての「天下分け目」の合戦
豊臣方の敗北で、豊臣政権が崩壊し、江戸に徳川幕府が開かれます

関ヶ原古戦場・徳川家康最初の陣跡(桃配山)

関ヶ原宿から中山道を東の垂井宿を目ざすと関ヶ原の東の入口に位置する小高い丘がある。ここが桃配山。東側から関ヶ原を俯瞰できる地で、ここに関ヶ原に布陣した東軍・徳川家康は合戦の当初、この桃配山に陣を構え、戦(いくさ)の成り行きを見守ります。桃配

関ヶ原古戦場・徳川家康最後の陣跡

東海道本線関ヶ原駅の北側、陣場野公園の一角にあるのが徳川家康最後の陣跡。中山道・関ヶ原宿の東、桃配山に陣を構えた家康は、合戦の最中に、東軍の動きを確認するため石田三成が陣を構えた笹尾山の東南1kmに位置する陣場野に陣を敷いています。家康は最

関ヶ原古戦場・開戦地

慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)、美濃国不破郡関ヶ原(岐阜県不破郡関ケ原町)で行なわれた、「天下分け目の戦い」関ヶ原の合戦。東軍の先陣は福島正則と事前の軍議で決められており、井伊直政の抜け駆け的に開始したとも伝えられています

関ヶ原古戦場・決戦地

西軍有利な陣形で望んだ合戦(西軍は「鶴翼の陣形」)は序盤、実働部隊としての数で劣る西軍優勢で展開しますが事前に東軍に通じていた小早川秀秋隊の背反を契機に形勢は逆転。西軍の諸将が敗走するなか、関ヶ原合戦でも最大級の激戦が繰り広げられたのが笹尾

大坂の陣|大阪府大阪市

所在地:大阪府大阪市中央区大阪城3-11
合戦の年:慶長19年(1614年)=大坂夏の陣、慶長20年(1615年)=大坂冬の陣
おもな敵対関係:徳川家康VS豊臣秀頼
内容:慶長8年(1603年)、家康は征夷大将軍となり、徳川秀忠の娘・千姫が豊臣秀頼に輿入れ
家康は将軍職を秀忠に譲り、駿府での大御所政治を開始
臣下の礼を秀頼に要求するも淀君が拒否し、方広寺鐘銘事件などもあり、ついに大坂夏の陣開戦となるも、堀の埋立で和睦
豊臣方は籠城戦に備え、兵糧や弾薬を城内に取り込むも、大坂夏の陣で壊滅、豊臣家の終焉となりました

大阪城公園

大阪の中央に位置する、総面積106.7haの広大な公園。都心にある緑溢れる公園は「大阪みどりの百選」にも選定されている。もともとこの地には一向宗(浄土真宗)本願寺派の拠点・石山本願寺がありましたが、1580(天正8)年の織田信長との石山合戦

徳川家康ゆかりの合戦 9選
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
徳川家康ゆかりの城

徳川家康ゆかりの城 11城

岡崎城(愛知県岡崎市)に生まれ、幼少期には人質生活を送り、戦乱の世を生き抜き、ついに江戸に徳川幕府を開いた徳川家康。大河ドラマ『どうする家康』のタイトルどおり、波乱万丈、危機一髪が連続する人生ですが、ゆかりの城、転機となった城11城を、年代

桶狭間の戦い

桶狭間の戦い

永禄3年(1560年)、那古野城(愛知県名古屋市、後の名古屋城)を目指し駿河・遠州・三河の4万5000余の大軍で西へと進軍する今川義元に対し、尾張を統一目指していた織田信長が挑んだ合戦が、桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)。織田信長の天下

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ