三河国総社

三河国総社

愛知県豊川市白鳥町に鎮座する古社が、三河国総社(三河総社)。隣接して三河国の国府の遺構が発掘される白鳥遺跡(曹源寺周辺)があり、律令制の始まった時代の三河国の中心にあたります。国司が国内に鎮座する神社を巡拝する慣習を簡略化するため、平安時代に国司が政務する国庁近くに創建されたのが総社です。

9世紀前半に創建されたと推測できる古社

三河国は、国府、さらに国分寺、国分尼寺の遺構が発掘され、律令時代の全貌が明らかになる貴重な例です。
大化2年(646年)に出された、改新の詔(かいしんのみことのり)以降、大宝元年(701年)の大宝律令までに、中国の律令制度を真似て国家体制と地方行政組織造りが進みます。
穂の国(現在の愛知県東三河エリア)と三河国(西三河エリア)が三河国となり、その三河国庁が置かれ、国分寺、国分尼寺が建立されています。
赴任した国司は、国内に祀られる諸神社を一之宮から順に巡拝し、幣帛を奉ることが慣例となっていました。

9世紀前半、嵯峨天皇の御代に、それを簡略化するため、諸国の国庁近くに総社が建立されたのです。
三河国でも神名帳に記載される59社のうち、比較的近くにある三河一之宮の砥鹿神社を除いた7郡の58社の神霊を合祀して総社を建立しています。
境内からは奈良時代の古瓦が発見されることから、建立以前にも一帯には国府関連の官衙(かんが=役所)が建ち並んでいたことがわかります。

三河国総社の東側に隣接して、三河国府跡(曹源寺)があり、さらにその東側数百メートルの場所に三河国分寺跡、三河国分尼寺跡があり、三河国分尼寺跡は史跡公園として整備されています。

三河国総社
名称 三河国総社/むかわこくそうじゃ
所在地 愛知県豊川市白鳥町上郷中1
関連HP 豊川市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 名鉄本線国府駅から徒歩10分
ドライブで 東名高速道路音羽蒲郡ICから約6km、豊川ICから約8km
問い合わせ 豊川市観光協会 TEL:0533-89-2206/FAX:0533-89-2276
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三河国府跡(曹源寺)

三河国府跡(曹源寺)

愛知県豊川市白鳥町にある曹洞宗の寺、曹源寺。合併して豊川市になっていますが、一帯はかつての国府町(こうちょう)で、三河国の国府が存在していた三河国府跡。しかも三河総社(白鳥総社)の東側にある曹源寺の境内が国庁の正殿があった場所だと判明してい

三河国分尼寺跡史跡公園

愛知県の東半分、三河国(みかわのくに)の国府の遺構は、豊川市白鳥町上郷中・下郷中で発見されています。聖武天皇の詔で建立された、三河国の国分尼寺の遺構も発掘され、一帯は三河国分尼寺跡史跡公園と整備されています。またガイダンス施設として「三河天

三河国分寺跡

三河国分寺跡

愛知県豊川市八幡町(やわたちょう)本郷にある天平13年(741年)、聖武天皇の詔で全国に建立した国分僧寺(金光明四天王護国之寺)の遺構が三河国分寺跡。600尺(180m)四方の敷地から金堂跡、講堂跡、塔跡などが発掘されている他、隣接して後継

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ