でんでん坂

でんでん坂

愛知県常滑市、常滑焼の窯元などを巡り、その歴史を辿ることのできる「やきもの散歩道」Aコースの途中、廻船問屋瀧田家の横にあるのが、でんでん坂。「やきもの散歩道」では土管坂が有名ですが、絵になるシーンとしては負けず劣らずの坂道になっています。

廻船の入港を知らせた「でんでん山」に由来

でんでん坂

でんでん坂という坂名の由来は、坂の南側の山が廻船を見張る「伝の山」だったことから、でんでん山に転じたという説が有力。

常滑の坂道には、チョウゴロウの坂など、一般的には坂の途中にある家の屋号を付けたものが多いのですが、「タキタ坂」などでなく、でんでん坂となったのにはそんな廻船問屋時代の歴史から。

土管を焼いた時に使った焼き台「ケサワ」を埋め込み、壁側に焼酎瓶を嵌めて修景に活用している点は、土管坂と同じです。

「やきもの散歩道の文化的景観」は、日本遺産「きっと恋する六古窯ー日本生まれ日本育ちのやきもの産地ー」の構成資産になっています。

でんでん坂
でんでん坂
名称 でんでん坂/でんでんざか
所在地 愛知県常滑市栄町4-75
電車・バスで 名鉄常滑駅から徒歩10分
ドライブで 知多半島横断道路常滑ICから約1.2kmで陶磁器会館
駐車場 陶磁器会館駐車場(40台)、やきもの散歩道大駐車場(40台)/無料、土・日曜、祝日は有料
問い合わせ 常滑市観光協会 TEL:0569-34-8888/FAX:0569-34-8880
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

土管坂

常滑(とこなめ)の「やきもの散歩道Aコース」途中にある両側の壁に土管が埋め込まれた小さな坂道。明治に薪で焼いた土管と、昭和初期に石炭で焼いた焼酎瓶が左右の壁に使われています。足元の道には、土管の焼成時に使われた「捨て輪」と呼ばれる廃物が埋め

常滑市陶磁器会館

常滑市陶磁器会館

愛知県常滑市、常滑焼で栄えた地を巡る「やきもの散歩道」の起点となっているのが常滑市陶磁器会館。「日本六古窯」(常滑、瀬戸、信楽、丹波、備前、越前)に数えられる常滑焼の紹介、展示、さらには伝統工芸士がつくった本格的な急須、招き猫などの販売を行

登窯(陶栄窯)

登窯(陶栄窯)

愛知県常滑市の「やきもの散歩道」Aコース途中にあるのが登窯(陶栄窯)。常滑の登窯は天保5年(1834年)に導入され、明治時代の末には60基もの登窯があったといわれています。残念ながら現存するのは明治20年頃に造られ、昭和49年まで現役だった

廻船問屋瀧田家

廻船問屋瀧田家

愛知県常滑市にある尾州廻船の廻船問屋の邸宅を再生したミュージアムが廻船問屋瀧田家。焼き物の町として知られる常滑は、常滑湊を基地とした尾州廻船の町としても栄えた歴史を有しています。湊近くには多くの廻船問屋がありましたが、その代表格が瀧田家。館

SPACEとこなべ

SPACEとこなべ

愛知県常滑市、「やきもの散歩道」Aコース途中、登窯(陶栄窯)近くにある3階建ての古い窯場を再生したギャラリー兼ショップが、SPACEとこなべ。有名作家から若手作家まで作家ものの素敵な作品が木造の店内に数多く並べられています。古い窯場を再生し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ