六供配水場配水塔

六供配水場配水塔

 愛知県岡崎市六供町(ろっくちょう)にあるヨーロッパの古城のような佇まいの塔が六供配水場配水塔(ろっくはいすいじょうはいすいとう)。昭和9年5月31日に建てられた配水塔ですが、今も現役。敷地内は立ち入り禁止ですが、隣接して六供浄水記念公園が整備され、公園から眺めることができます。

六供浄水記念公園から配水塔を眺望

直径12.8m、高さ17.2mの配水塔で、貯水容量は1400立方メートル。
ポンプ室から高い塔に送られた水は、重力がかかり、勢いよく水道管に流れ込むという仕組みで、今も岡崎市内の各家庭に配水されています。

外壁下部には段差を付けて板状の花崗岩を張られ、上部は、モルタル仕上げ。
目地を切り大きな石を張ったように見せ、蛇腹付きの軒回りの上に縦長の窓が並ぶ古代ギリシャ・ローマ建築風の古典的表現が用いられています。
配水塔の入口にある「汪水沾洽(おうすいてんこう)」の銘板は、「深く広い水がありそれが雨の恵みによって充分に潤うように」という意味合いがある言葉。

もともとは浄水場(昭和8年完成)でしたが、平成123年度に浄水場としての機能を廃止したていることから、現在、六供配水場として機能。

隣接する六供浄水記念公園には、滑り台やシーソー、健康器具、ベンチ、多目的トイレなどが整備されています。

六供配水場配水塔
名称 六供配水場配水塔/ろっくはいすいじょうはいすいとう
所在地 愛知県岡崎市岡崎市六供町西二本木28
関連HP 岡崎市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 愛知環状鉄道北岡崎駅から徒歩20分
ドライブで 東名高速道路岡崎ICから約5km
問い合わせ 岡崎市観光推進課 TEL:0564-23-6384
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ