明治用水

明治用水

愛知県豊田市水源町で、矢作川から取水し、岡崎市、安城市、西尾市、碧南市、高浜市、刈谷市、知立市に水を供給する近代農業用水が明治用水。明治13年に完成した用水は、農林水産省の疏水百選、国際かんがい排水委員会(ICID)の世界かんがい施設遺産にも認定されています。

安城を「日本デンマーク」に変化させた用水

明治用水
暗渠化し自転車道が整備される明治用水

本流、西井筋、中井筋、東井筋の幹線と支線で構成され、幹線は88km、支線は342kmにも及び、7000haを潤しています。
もともと安城市周辺は、農業用水を溜池に頼る土地柄でしたが、この明治用水の完成で、安城市が「日本デンマーク」と呼ばれるまでに変身、明治時代の農業用水開削の成功例となっています。

もともとは、文政5年(1822年)、用水路の測量に着手した碧海郡和泉村(現・安城市和泉町)の豪農・都築弥厚(つづきやこう)の発案による用水路計画で、明治時代にようやく実現したもの。

安城市東栄町にある明治川神社は、都築弥厚、石川喜平、伊豫田与八郎、岡本兵松という明治用水建設の功労者4人を祀った神社で、明治18年の創建。
豊田市水源町の水源公園には水源神社も鎮座しています。

埼玉県・東京都を流れる葛西用水路、見沼代用水とともに日本三大農業用水に数えられる用水路ですが、現在は暗渠化が進み、用水の上を自転車道などが整備されています。

明治用水旧頭首工・船通し閘門、枝下用水旧頭首工・第2樋門は、「海運業隆盛の基礎となった港湾土木技術の自立・発展の歩みを物語る近代化産業遺産群」として経済産業省の近代化産業遺産にも認定されています。

明治用水
名称 明治用水/めいじようすい
所在地 愛知県豊田市水源町(取水口)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

明治川神社

矢作川の水を当時荒れ野だった安城が原(碧海台地)に引き入れるという目的で碧海郡和泉村の豪農・都築弥厚(つづきやこう)が1808(文化5)年頃に幕府に計画を嘆願した用水が明治用水のルーツ。愛知県安城市にある明治川神社は用水開発に功績のあった都

水源公園・水源神社

水源公園・水源神社

愛知県豊田市水源町の矢作川(やはぎがわ)沿いに広がる公園が水源公園。園内には水源神社もありますが、水源とは明治14年に完成した明治用水のことで、その取水口があることが名の由来です。水源神社は、明治用水開削に関わり、「用水の神様」と呼ばれた岡

日本三大農業用水とは!?

日本三大農業用水とは!?

江戸時代から関東を中心に、各地に農業用水が開削されるようになりましたが、日本三大農業用水に数えられるのは、埼玉県と東京都を流れる見沼代用水、同様に埼玉県・東京都の葛西用水路、そして愛知県の明治用水です。3つの用水とも今も現役で農業に使われて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ