豊田大橋

豊田大橋

愛知県豊田市を流れる矢作川(やはぎがわ)に架る恐竜の骨を思わせる斬新なデザインの橋が、豊田大橋(とよたおおはし)。豊田市街地(名鉄三河線豊田市駅)と豊田スタジアムを結ぶ橋で、ユニークなデザインは国立新美術館などの設計で知られる黒川紀章(くろかわきしょう)によるもの。

黒川紀章設計の動物の骨をイメージした橋

豊田大橋

豊田大橋は、平成11年に完成した道路橋で、橋長474.5m、幅員20.8m、景観に優れる2連バスケットハンドル型ニールセンローゼ橋(アーチ橋複合形式) 。
豊田市駅から豊田スタジアムへの移動ルートということもあり、歩道部も広くとられています。

黒川紀章は、愛知県海部郡蟹江町出身ですが、愛知県内の建築物の設計は意外に少なく、名古屋市美術館(1988年)、パルティせと(平成17年)、大口町立大口中学校(平成19年)と豊田大橋の4ヶ所のみ。

毎年7月最終週の土・日曜に開催される『豊田おいでんまつり』では、豊田大橋と花火のコラボを楽しむことができます。

豊田大橋
名称 豊田大橋/とよたおおはし
所在地 愛知県豊田市千石町・白浜町
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
豊田スタジアム

豊田スタジアム

愛知県豊田市、豊田中央公園にあるサッカー、ラグビーのスタジアムが、豊田スタジアム。サッカーの名古屋グランパスエイト、ラグビーではトヨタヴェルブリッツのホームスタジアムで、メインスタンドとバックスタンドの屋根は巨大な4本のマストからワイヤーで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ