峠の茶屋公園・峠の茶屋

熊本市西に連なる山々の主峰・金峰山の山頂途中、鳥越峠(とりごえとうげ)にある夏目漱石の『草枕』ゆかりの茶屋が峠の茶屋。一帯は峠の茶屋公園として整備されています。明治30年の暮れに夏目漱石は友人・山川信次郎とともに小天温泉(おあまおんせん)・前田家の別邸へと旅に出て、この峠道を越えています。

鳥越峠にある夏目漱石『草枕』ゆかりの茶屋

明治30年の旅行の体験が「山路を登りながら、かう考えた」で始まる『草枕』となるのですが、その途中で休んだのが峠の茶屋。
実は鳥越峠と野出峠(のいでとうげ)の両方に茶屋はあり、「『おい』と声を掛けたが返事がない。軒下から奥をのぞくと煤けた障子が立てきってある。向こう側は見えない」という茶屋は、どちらの峠だったかは定かでありません。
現在復元されているのは鳥越峠の茶屋。
峠の茶屋では熊本名物のだご汁や草餅が味わえるほか、漱石に関わる資料を展示した資料館として公開されています。

「山路を登りながら、かう考えた」は、鎌研坂(かまとぎざか)で、鳥越峠の復元された茶屋も。往時の場所ではなく、かつての茶屋のあった場所には井戸の跡が残されています。

草枕の舞台となった熊本市島崎(しまさき)にある岳林寺から玉名市小天の前田家別邸まで16kmは「草枕の道」として整備されています。
 

峠の茶屋公園・峠の茶屋 DATA

名称 峠の茶屋公園・峠の茶屋/とうげのちゃやこうえん・とうげのちゃや
Touge-no-Chaya Park
所在地 熊本県熊本市西区河内町岳5-4
関連HP 熊本市観光ガイドホームページ
電車・バスで JR熊本駅から熊本市営バス熊本交通センター行きで10分、終点下車、九州産交バス芳野経由河内・小天行きに乗り換え20分、峠の茶屋公園前下車、すぐ
ドライブで 九州自動車道益城熊本空港ICから約16km
駐車場 13台/無料
問い合わせ TEL:096-277-2157
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

野出峠の茶屋公園

2017年12月8日

夏目漱石内坪井旧居

2017年12月3日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ