文武天皇陵

明日香村にある文武天皇陵(もんむてんのうりょう)は、天武天皇と、持統天皇の孫である文武天皇の陵墓と推定される場所で、国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区の南端に位置しています。『続日本紀』に火葬されてこの陵に葬られたと記されたことが根拠となって、宮内庁が治定管理する天皇陵のひとつになっています。

大宝律令を完成させた文武天皇の陵と宮内庁が治定する古墳

宮内庁の管理する陵名は、檜隈安古岡上陵(ひのくまのあこのおかのえのみささぎ)。
考古学名は栗原塚穴古墳。
文武天皇は、14歳の若さで即位し、藤原不比等(ふじわらのふひと)の娘、宮子と結婚(公式記録の『続日本紀』には妃や皇后を持った記録はありません)。
弓術に秀でた天皇でしたが24歳という若さで夭折しています。

ただし、文武天皇陵(栗原塚穴古墳)は、墳形、石室の形状も定かでないため(天皇陵であるため学術調査もありません)、文武天皇陵は、高松塚の北にある中尾山古墳(古墳時代終末期の八角墳)とする学説も有力です。

文武天皇は、697年(文武天皇元)年、藤原宮に即位し、大宝元年8月3日(701年9月9日)に大宝律令を完成させています。

文武天皇は、707(慶雲4)年に飛鳥岡で火葬されています。
御陵印の保管場所は、畝傍陵墓監区事務所(奈良県橿原市大久保町)。

文武天皇陵 DATA

名称 文武天皇陵/もんむてんのうりょう
Mausoleum of Emperor Monmu(Kurihara tsukaana-kofun Tumulus)
所在地 奈良県高市郡明日香村栗原
関連HP 国営飛鳥歴史公園公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野線飛鳥駅から徒歩20分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約20kmで飛鳥歴史公園高松塚地区駐車場。駐車場から徒歩15分
駐車場 飛鳥歴史公園高松塚地区駐車場(36台/無料)
問い合わせ 飛鳥管理センターTEL:0744-54-2441
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ